>ランボルギーニ(Lamborghini) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニは「ハイブリッド化されていない」V12エンジン搭載モデルをサーキット走行名目で今後も販売?

投稿日:2021/08/01 更新日:

ランボルギーニのV12エンジン

| アヴェンタドール後継のためにV12エンジンを新設計するのであれば、そのコストをどうにか吸収しなくてはならない |

もしかすると「欧州では登録できなくても、他の国では合法に登録できる」ということも考慮?

さて、ランボルギーニは2024年までに「アヴェンタドール後継」「ウラカン後継」「ウルス」をハイブリッド化し、その後にブランニューモデルとしてピュアエレクトリックモデルを追加するとしていますが、これはつまり「V12エンジン、V10エンジン単体のみを動力源とするスーパーカーの終焉」を意味しています。

なお、ランボルギーニは「V12エンジンはブランドのDNA」としており、ハイブリッドとV12エンジンとを組み合わせて存続させる移行を持っているものの、V10エンジンについては「V6へと置き換えられる」可能性も示唆しており、今後のランボルギーニにおけるパワートレーンは大きく変化してゆくことになりそうですね。

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ | ウルスは2022年にモデルライフ中盤のフェイスリフト+PHEV投入 さて、アヴェンタドールの最終モデルにして「V12ガ ...

続きを見る

サーキット走行専用としてV12エンジンのみで走るモデルも存続?

ただし今回AutocarがランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏へとインタビューを行い、その中で「(ハイブリッドではない)V12モデルを追加する計画があるか」という質問を行っており、それに対してステファン・ヴィンケルマン氏からは明確に「イエス」という答えはなかったものの、「サーキット走行限定という用途にて、少量生産のV12モデルを追加する可能性」について触れた模様。

「サーキット走行限定」というのは、もちろん「公道以外では排ガスなどの規制を受けない」ためであり、公道登録不可という免罪符をもって「ノンハイブリッド」V12モデルを存続させるのかもしれません。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
ランボルギーニCEO語る!「アヴェンタドール後継に積まれるV12は完全新設計。車体すべてにおいてアヴェンタドールとの共通性は一切ない」

| ランボルギーニは「先が限られている」技術に対しても積極投資を行なうようだ | V12エンジンはランボルギーニのDNAでもある さて、ランボルギーニはアヴェンタドール最終モデル、そしてV12ガソリン ...

続きを見る

なお、アストンマーティンも同様の意向を示していて、今後は強力にエレクトリック化を進め、2030年以降のラインアップはすべて電動化されることになり、およそ半数強がピュアエレクトリック、残りがPHEVもしくはハイブリッドという構成比を想定しているそうですが、全生産台数の5%はガソリンエンジンのみで走るクルマになるといい、ただしこれについては「ロードゴーイングモデルではない」、つまりサーキット走行専用モデルになる、とのこと。

35

アストンマーティン
アストンマーティンが電動化を加速。「次世代ヴァンテージ、DB11はピュアエレクトリック」。2030年の完全電動化に向けて大きく舵を切るようだ

| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシフト | ただしモデルラインアップとしては従来の方向性を継続するようだ さて、経営者が変わり、これまでの方向から ...

続きを見る

そしてランボルギーニはこれと同じ手法を採用する可能性があるとも考えられますが、サーキット走行専用モデルの販売はかなりハードルの高いビジネスで、というのも「その購入代金に加え保管場所を確保でき、そもそもサーキットを走りたいと思う人、サーキットを走る時間がある人」という条件をクリアする必要があるため。

もちろんこういった人々は少なからず存在するものの、「限られた一部の人」であることにはかわりなく、さらには「顧客層が頻繁に入れ替わる」ことがないとも考えられるので、最初の頃は良くとも、モデルを追加してゆくに従い「(購入するのは同じ人ばかりであるため)売れなくなる」ものと思われます。

一部の国では合法的に登録が可能?

となると考えられるのが、これら「ノンハイブリッド」V12モデルについて、名目上は「サーキット走行専用」ではあるものの、まだガソリン車の販売を禁止していなかったり、規制がゆるい国では登録できる仕様にするんじゃないかということ。

そうすれば販売台数も稼ぐことができ、ランボルギーニとしては「新設計」することになるV12エンジンの開発費をより早く吸収できることにはなりそうです。

ただ、そうなると「サーキット走行時」のパフォーマンスを妥協することになるのは間違いなく、「あっち立てればこっち立たず」的な状況に頭を悩ませているのかもしれません。

いずれにせよ、これほどまでに経営判断が会社の行方を左右する時代というのはほかになく、各自動車メーカーのトップについて、重要な、そして難しい判断を迫られる時期が到来したということになりますね。

42

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5