>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

マイナーチェインジ?タイプS?もしかするとタイプR?謎のホンダNSXがテスト中、一般人によって撮影される

投稿日:

マイナーチェインジ?タイプS?もしかするとタイプR?謎のホンダNSXがテスト中、一般人によって撮影される

| ボクとしてはタイプRはまず無いと考えている |

もっとも考えうる選択肢は「タイプS」

さて、なんだかんだでもう登場してから6年も経過してしまった2代目ホンダ(アキュラ)NSX。

欧州のスーパーカーがこまめにアップデートを繰り返すのに対してNSXは「ほぼ」変更がなく、これまでに行われたのはオプションの変更、パフォーマンスの調整、ボディカラーの変更といった程度です。

これ(アップデートが少ないこと)については、とにかく「売れてないから」としかいいようがなく、ホンダとしてはそこに費用を投じることはできないということなのかもしれません。

ブルーのホンダNSX
ホンダNSXが米にて名実ともに「もっとも売れないスポーツカー」に!年央で販売終了となったBMW i8よりも売れず、"これでいいのかホンダ?"

| ただしホンダは「これでも問題ない」というか「想定通り」と捉えているようだ | さて、2020年は自動車メーカーにとってタフな年であり、これまで肩を並べてきた自動車メーカーにとっても大きな差が生じた ...

続きを見る

ただ、日本では予定販売台数を比較的早い段階でクリアしているとも報じられているので、ぼくとしては「なんでもっと日本に台数を回さないのか」という疑問もあり、しかしもちろんホンダなりの事情があり、そうしたくともできないのだと思われます。

ホンダNSXのページに「現行モデルの販売は終了しました」の記載!これはいったい何事ぞ!?

| 意外に売れているようで、現行モデルイヤーはすでに完売し、来年分を待つ必要があるらしい | さて、先日ふとホンダNSXのページを開いてみて飛び込んできたのが「現行モデルの販売は終了しました」の文字。 ...

続きを見る

ただし今回、初の物理的変更が外観に加わる?

しかしながらホンダとてNSXをこのまま放置する気は無いようで、今回は一般人によって「NSXの追加バリエーション、もしくはタイプSと見られるモデル」のプロトタイプが目撃に。

今回撮影された画像を見ると、リアバンパー左右にあるダクトが「縦長」になって幅が減り、それに伴いバンパー中央の台形部分(ハの字部分)が横長に。

加えてリアディフューザーの上下幅が厚く、そして下辺がバンパー左右端にまで伸びているように見えます。

反面、テールランプ含むリアセクションは現行モデル同様であり、要は「カモフラージュ用シートが貼られている部分」のみが変更を受けると考えて良さそうですね。

1

フロントを見ると、やはりエアインテーク形状が変更されていることがわかりますが、おそらくはこれまでの「ヘッドライトとグリルを一体化する」というホンダ特有のデザインが変更される可能性があり、ブラックの部分やボディカラー同色部分のバランスが変更されると見られ、それによって印象が大きく変わることになりそう。

ヘッドライト内部にはこれまでどおり6つのエレメントが光る「ジュエルLED」が採用されており、つまり変更はないものと思われますが、フロントフェンダー、フロントフードの一部にもカモフラージュ用のシートが貼られていて、つまりはこれら部分についても変更を受ける可能性が大。

2

NSXのフェイスリフト?NSXタイプS?

そこでこのNSXが何なのかということですが、まず「タイプR」は除外していいかと思います。

というのも現時点で「売れていない(利益が出ていない)」NSXに多大なるコストをつぎ込む余裕はホンダになく、そしてもちろん「タイプR」となると車体の補強、足回りの強化、パワーアップ、冷却系の強化、エアロダイナミクス改善などおそろしくお金と時間がかかるため。

そして、その手間をかけたとしても販売台数が「モトを取れるほど」増えるとは思えず、そしてホンダにとってのタイプRとはサーキットやレース直結であり、しかしNSXの「ハイブリッド」は必ずしもサーキットと相性がいいわけでもなく、出場できるレースがあるわけでもないので、この意味でもタイプRはなさそうです(かといって、ハイブリッドを外すような大きな工事を行うとも思えない)。

さらに、今回の画像を見るに、タイプRというにはいささかおとなしすぎる、という気もします。

ホンダNSXに「タイプR」「スパイダー」追加とのウワサ!しかしボクが「登場しないだろう」と思うワケ

| どう考えても、現在の販売台数を見て「バリエーション追加」と判断する経営者、そしてそれを許す株主がいるとは思えない | ここしばらく話題に乏しかったホンダ/アキュラNSXですが、ついに待望の「タイプ ...

続きを見る

よって、今回目撃されたNSXの試作車については「フェイスリフト(マイナーチェンジ)、もしくはタイプS」だと見るのが妥当であり、ぼくとしては「フェイスリフト版だろう」と考えています。

そのココロとしては、現在ホンダのデザインが変わってきていて、旧世代のデザイン言語を用いたNSXも(ブランディング上)外観を変更する必要があること。

逆にタイプSでない理由としては、上述のようにフェイスリフトを行う「必要性」があり、現行NSXをそのままに新バリエーションの「追加」を行うとこの問題を解決できないということ、そしてボディカラーやインテリアカラー、オプションなど「ユーザーにとっての選択肢」を大きく増やすことすらしない状況において追加モデルを投入する余裕はないだろうという判断、そしてタイプSとなると多少なりとも足回りなどに手を加える必要があり、しかしホンダはそれすらも行う余力がないだろうということ。

合わせて読みたい、ホンダNSX関連投稿

豪にてホンダNSX販売終了!2019年の登録はわずか3台、2020年はなんとゼロ。惨憺たる結果を受けて

| いくらなんでも「ゼロ」とは思わなかった | ホンダNSXがオーストラリア市場から撤退というニュース。これは正式にホンダのオーストラリア法人がコメントしたもので、2019年にはわずか3台、2020年 ...

続きを見る

ブルーのホンダNSX
ホンダNSXの2021年モデルには「初代NSXで最も不人気だった」ロングビーチブルーパールが復刻!ヘリテージカラーはこれで3色に

| あえて不人気だったボディカラーを復刻するところがホンダらしい | さて、販売不振が囁かれるホンダNSXですが、米国では2021年モデルとして新色「ロングビーチブルーパール」が追加された、とアナウン ...

続きを見る

参照:nsxjon

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5