ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった

投稿日:2021/08/11 更新日:

シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった

| シンガー・ヴィークルデザインはパフォーマンスだけではなく美しさにもこだわる |

レトロとモダンとが同居する、新種のポルシェ911レストモッド

さて、シンガー・ヴィークル・デザインは先に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに二台のシンガーDLSを持ち込んでいますが、今回はその詳細が公開に。

このシンガーDLSは、これまでシンガーがポルシェ911のレストモッドを行う過程で得たノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ「究極のシンガー・ポルシェ」とも言える存在で、DLSとは「Dynamics and Lightweighting Study」を指しています。

ジンガーによる「究極のポルシェ911」、DLSがついに納車開始
ジンガーによる「究極のポルシェ911」、DLSがついに納車開始!ウィリアムズ製エンジンやカーボンボディを持つ至宝の一台。ただし価格は2億円

| このシンガー911DLSは、悪魔に魂を売ってでも手に入れたい一台だ |この記事のもくじ| このシンガー911DLSは、悪魔に魂を売ってでも手に入れたい一台だ |ポルシェ911DLSとは?カスタマー ...

続きを見る

シンガー・ポルシェDLSはこれまでのレストモッドとは考え方が異なる

なお、シンガーDLSは車体こそ964世代のポルシェ911をベースにしているものの(シンガーは自動車メーカーとしての認可を受けていないので、ゼロベースでクルマを作っても登録ができない)、フレームの多くをシンガーが改良し、サスペンションやエンジンも「全く新しいものへ」入れ替えられています。

とくにエンジンについてはウィリアムズ、そしてポルシェの元エンジニアであるハンス・メツガー氏との共同開発となり、その出力は500馬力(空冷4リッター・フラットシックス)にも達することに。

219385783_10157957984646496_8196350071671236183_n

シンガーがとんでもないポルシェ、”DLS”発表。あのメツガー・エンジン(NA500馬力)搭載、重量990キロ

ジンガーが「独自開発のエンジン」搭載のポルシェ911を公開 クラシックポルシェのレストア&カスタムで有名なジンガー(シンガー)ヴィークル・デザインが、「ウィリアムズ(Williams Advanced ...

続きを見る

そして大量のエアを必要とするため、リアサイドウインドウからエアを吸い込むという、これまでのレストモッド、そしてポルシェが発売してきた911にも採用されないような手法が取り入れられています。

223280429_10157976023621496_1506866433275072419_n

今回グッドウッドに持ち込まれた2台のシンガーDLSはいずれも納車が決まっているもので、こちらは「オックスフォード・コミッション(シンガーのクルマには、一台づつ固有の名称が与えられる)」。

ボディカラーは「オークグリーンメタリック(ポルシェの伝統的なボディカラー)、そしてシャンパンをあわせており、おそらくオーダーしたオーナーは熱烈なポルシェファンなのだと思われます。

218875371_10157957984621496_6405947932420060893_n

ボディワークはフルカーボンとなりますが、見てのとおり「オーバーフェンダー」装着によって大きく車幅が拡大されています。

ボディパネルそのものが新規製造されることになるため、オーバーフェンダーでなくとも「一体成型」できそうなものですが、もしかするとシンガーは993世代の911GT2や、そうでなくとも「ほかのシンガー製ポルシェとは異なる」という主張をすべく、あえてオーバーフェンダーを選んだのかもしれません。

219533047_10157965454881496_3704055662073984938_n

ウイリアムズ製、500馬力の空冷エンジン搭載!芸術品のようなシンガー・ポルシェ911”DLS”がついに公開

| ついにウイリアムズ製エンジンを搭載したポルシェ911が完成 |この記事のもくじ| ついにウイリアムズ製エンジンを搭載したポルシェ911が完成 |ジンガー・ポルシェ911”DLS”のインテリアはこう ...

続きを見る

ホイールは異常なまでに深いリムを持つ「フックス風」。

ただしセンターロックを採用するのもほかのシンガー製ポルシェとは全く異なるところですね。

223291953_10157976023631496_5328411552753560721_n

リアサイドウインドウに設けられたエアインテークのガイドはヴィジブルカーボン、そして内側にはハニカムメッシュが貼られます。

226848959_10157976023616496_6812746172557342519_n

シンガー・ポルシェDLS「オックスフォード・コミッション」のインテリアはこうなっている

そしてこちらはシンガーDLS”オックスフォード・コミッション”の内装。

220279457_10157965454866496_3872590894834208338_n

ボーン・ホワイト(骨?)のベースカラーにタータンチェックを組み合わせており、この「タータンチェック」という選択もまたポルシェマニアだろうと推察される部分です。

214221961_10157943418821496_5897926435489677286_n

ダッシュボードはもともとの形状をヴィジブルカーボンにて再現。

シンガーにしては珍しく「編み込みレザー」が使用されていないようですね。

218095141_10157965454846496_5201218800992747322_n

タコメーターは腕時計でいうところの「アプライドインデックス」。※シンガーは自社で腕時計をリリースするなど、腕時計になみなみならぬ関心を持っている

インデックスや針のセンターには18金が使用されています。

219145992_10157965454841496_7049403185425030905_n

シフトノブはメイプルウッド製。

なお、キックプレートには「Everything is important」という文字が刻印されており、どんな部分であっても(たとえ見えないところでも!)手を抜かないシンガーならではの格言です。

222396204_10157965454871496_2775091916181215205_n

ちなみにリアのタワーバーはこんな感じ。

シャフトそのものはカーボン製、それを繋ぐジョイントには同社のイニシャルである「S」のロゴ入り。

マット、ポリッシュ両方の仕上げが採用され、とことんこだわるという姿勢を見ることができます。

223675881_10157976023646496_904207465279550773_n

シンガー・ポルシェDLS「ウニコ・コミッション」はこんな仕様を持っている

そしてこちらはもう一台のシンガー・ポルシェDLS「ウニコ・コミッション」。

ボディカラーはアブシンスグリーン、サイドストライプはライトグリーンのゴースト仕様、そこへ「PORSCHE」のロゴが(ブラッドオレンジにて)入ります。

218647446_10157962050241496_5440548000175091454_n

インテリアはシンガー得意のブラッドオレンジ。

カーボン製シェルを持つバケットシートを装備し、やはり編み込みレザーは採用されず。

これについても、シンガーは「DLSとほかのシンガー・ポルシェとは異なる」と捉えているからなのかもしれません。

218416988_10157962050246496_6649242131004338443_n

トップギアがシンガーDLSを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、シンガー・ポルシェ関連投稿

ポルシェ911のカスタム、ジンガーACS(オールテレーン・コンペティション・スタディ)
【動画】あのジンガーまでもが911オフローダーを発表!かつてのポルシェ959をイメージした「ジンガーACS」がカッコいい!!

| あとは本家ポルシェから911サファリが発表されるのを待つばかり |この記事のもくじ| あとは本家ポルシェから911サファリが発表されるのを待つばかり |ジンガーはこれまでオフローダーには手を出して ...

続きを見る

ジンガー・ビークル・デザインのカスタムするポルシェ911の内装にはこんな選択肢がある
シンガー・ヴィークル・デザインのカスタムするポルシェ911の内装にはこんな選択肢がある!シートやシフトノブ、素材やフィニッシュなど実に多種多様

| ジンガーによるポルシェ911における最大の特徴は芸術性 |この記事のもくじ| ジンガーによるポルシェ911における最大の特徴は芸術性 |ジンガー・ビークル・デザインの用意するシフトノブにはこんな仕 ...

続きを見る

シンガーがレトロでリッチなポルシェ911のレストモッドを公開
シンガーがレトロでリッチなポルシェ911のレストモッドを公開!ボディカラーはオリーブ、内装カラーは「チョコレート」

| シンガー・ヴィークル・デザインの可能性は無限であるようにも思える |この記事のもくじ| シンガー・ヴィークル・デザインの可能性は無限であるようにも思える |この「オリーブ」のボディカラーは新しいそ ...

続きを見る

参照:Singer vehicle Design, Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5