ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】まさかの「インテグラ」復活!ホンダが正式にアキュラブランドからの投入を発表。日本でも発売してくれないものか

投稿日:

まさかの「インテグラ」復活!ホンダが正式にアキュラブランドからの投入を発表。日本でも発売してくれないものか

| インテグラが存在する生息域はもうないと考えていたが |

おそらくはTLXのバリエーション?

さて、ホンダ/アキュラがなんとインテグラの復活を発表。

今回公開されたティーザー動画ではヘッドライト、LEDデイタイムランニングランプ、グリル、そしてヘッドライトの真下にあるインテグラ(INTEGRA)のロゴを確認できます。

ちなみに先日、レンダリングアーティストによる「新型インテグラ・タイプR」のレンダリング(このとき、アーティストもインテグラ復活を予想していなかったはず)が公開された際、ぼくは「ないな。インテグラ復活はありえない」と断じたわけですが、そこへきてまさかの復活ということになります。

ホンダ・インテグラ・タイプR
これはボクの知っているタイプRじゃない!ホンダ・インテグラ「タイプR」のCGが公開される。ここでこれまでのインテグラ4世代を振り返ってみよう

| タイプRはやっぱり「チャンピオンシップホワイト」「赤バッジ」でないと |この記事のもくじ| タイプRはやっぱり「チャンピオンシップホワイト」「赤バッジ」でないと |なお、現在のホンダのラインナップ ...

続きを見る

インテグラは既存モデルの置き換えではなくニューモデルとして登場?

今回インテグラの復活をアナウンスしたのはアキュラにて副社長兼ブランドオフィサーを務めるジョン・イケダ氏。

声明の中では「インテグラが帰ってきました。デザイン、パフォーマンス、そしてドライビング・エクスペリエンスなど、あらゆる面で”プレシジョン・クラフテッド・パフォーマンス”へのコミットメントを果たし、オリジナルのインテグラと同じファン・トゥ・ドライブの精神とDNAを持って、インテグラがアキュラのラインナップに戻ってくると言えることに、私はとても興奮しています」という内容が見られ、これを見るにインテグラは現行ラインナップのいずれかの「置き換え」ではなく「追加」だと考えても良さそう。

ちなみに現在のアキュラのラインアップとしてはNSX、ILX(コンパクトスポーツセダン)、TLX(プレミアムスポーツセダン)、RDX(プレミアムスポーツクロスオーバー)、

MDX(プレミアム・パフォーマンス・クロスオーバー)。

2021-08-13 19.26.01

このラインナップを見るに、セダンとしてインテグラを投入するのは難しそうで(可能性があるのはILXとTLXとの間だが、3者で競合が起きそうだ)、もしかするとSUVとして復活するんじゃないかと思ったり(RDXの下であれば”ありうる”)。

ただし「ドライビング・エクスペリエンス」という言葉を使用しているためSUVではない可能性があり(ティーザー動画を見てもSUVをとは思えない)、となるとやはり「スポーツクーペ」という線も。

しかしスポーツクーペはもはや完全に終わったカテゴリであり、ここへホンダが参入するのは自殺行為のような気もします。

デザイン的には「TLSに酷似」

なお、今回のティーザー動画を見るとアキュラTLXタイプSによく似ており、デイタイムランニングランプの発光グラフィックもよく似ています。

となると新型インテグラはTLXタイプのバリエーションのひとつとして投入されると考えるのが自然であり、TLXのクーペもしくはクーペ風セダンなのかもしれません。

2021-acura-tlx-type-s (2)

アキュラ最高傑作?NSXを意識したデザインを持つ新型TLX発表!これが売れなきゃアキュラは本当にヤバそう

| 正直、「欲しい」と思わせる素晴らしいクルマに仕上がった |この記事のもくじ| 正直、「欲しい」と思わせる素晴らしいクルマに仕上がった |新型アキュラTLXはスタイリッシュに生まれ変わった新型アキュ ...

続きを見る

インテグラはこんな歴史を持っている

ここでインテグラの歴史を振り返ってみたいと思いますが、初代インテグラは1985年に「クイント・インテグラ」として登場。

ちなみに「インテグラ」はそれまでホンダがバイク(のサブネーム?)に用いていた名称で、実際のところホンダは「ストリーム」「トゥデイ」「ビート」など、いくつかの名称を「二輪と四輪の両方で」用いています。※のちにインテグラはバイクの名称としてふたたび使用されている

2021-08-03 21.34.40

そして二代目は1989年に登場しており、この頃の日本車は4年毎にフルモデルチェンジを行うのが通例で(今だと信じられないようなハイペースだったな・・・)、とくにトヨタ・マークIIな「オリンピックイヤー」ごとに登場しており、買い替え次期を判断しやすいクルマでしたね。

ちなみにこの二代目インテグラのTVコマーシャルにはマイケル・J・フォックスが起用され、「カッコインテグラ」のコピーで有名。

参考までに、新型シビックのデザインは、この頃のホンダが持つ「ライトでスリムな」デザインへの回帰だとされています。

021-08-03 21.37.55

三代目インテグラは1993年に「丸目四灯」という異色の顔つきでデビューしていますが(アルファロメオGTVを意識したのかもしれない・・・)、その後マイナーチェンジで二代目同様の横長ヘッドライトへ。

これにあわせてインテグラ初の「タイプR」が登場しており、日本仕様は横長ヘッドライト、北米仕様は丸目四灯を採用し、それぞれ異なる顔つきに。

2021-08-03 21.41.14

そして四代目インテグラは2001年に登場し(アキュラブランドではRSX)、三代目に続いてタイプRが設定されています。

フロントサスペンションが(コスト削減のため)ダブルウィッシュボーンでなくなったのはちょっと残念で、ぼくとしてはこれが理由で「インテグラ・タイプRといえば三代目」だと考えています。

そしてこの四代目インテグラは2007年まで販売が継続されるものの、それ以降はご存知のとおり後継モデルはなく、復活が望まれる車種の一つとなっています。

2021-08-03 21.45.14

ちなみに「バイクのインテグラ」はこちら。

021-08-13 19.13.07

新型アキュラ・インテグラのティーザー動画はこちら

参照:Acura(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5