ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツSLの画像がリーク!「メルセデスらしくなく」そして他のスーパースポーツとも異なる独自スタイルを採用するようだ

投稿日:

新型メルセデス・ベンツSLの画像がリーク!「メルセデスらしくなく」そして他のスーパースポーツとも異なる独自スタイルを採用するようだ

| Aピラーのブラックアウトは「メルセデス・ベンツとしては」かなり珍しい |

これまでにも情報が小出しにされているが、おそらくはあっと驚くクルマであることに間違いなさそう

さて、以前はよくリーク画像を自身のインスタグラムに投稿していたcochespias氏。

ただし削除依頼が相次いだのか多くの投稿が消されてしまい、ここ最近はちょっと活動が抑え気味だったものの、今回は「今年最後の大物」と思われるするモデルチェンジ版”新型メルセデス・ベンツSL”の画像を投稿することに。

このアングル、そしてぼやけ具合から見て「撮影禁止」のイベントにて撮影された画像だと思われますが、けっこう多くの情報を与えてくれるように思います。

新型メルセデス・ベンツSLは「ドライバーズカー」に?

なお、近年のメルセデス・ベンツSLというと、AMG GTの影に隠れてしまい、いまひとつ存在感を発揮できていない状態で、しかし新型SLはそのメルセデスAMG GTの次期型と共同開発されており、その性格が大きく変わるものと考えて良さそう。

じゃあメルセデスAMG GTとの違いは何なのということになりますが、「AMG GTは2シーター、メルセデス・ベンツSLは4シーター」ということになり、そこで性質の差別化を図ることになりそうです(もちろん、SLのほうがずっと豪華なのは間違いない)。

新型メルセデス・ベンツSLについてAMGのボスが語る
新型メルセデス・ベンツSLについてAMGのボスが語る!「AMG GTロードスターはSLに統合」「新型SLにはハイブリッド搭載、既存AMGとの共通性はない」

| メルセデスAMG GTロードスターは1代限りの儚い命だったな |この記事のもくじ| メルセデスAMG GTロードスターは1代限りの儚い命だったな |ただしそこにはメリットも新型メルセデス・ベンツS ...

続きを見る

そして今回の画像でにわかることはまず「ヘッドライト形状がこれまでのメルセデス・ベンツに比べて新しく」なっていること。

切れ長のデザインを持っていますが、かなりシャープなイメージですね。

その次はホイールがかなり大きく、タイヤとタイヤハウスとのクリアランスも相当に小さく、しかもチューニングカーのように「ツライチ」。

ホイールのスポークは一部のカラーが異なるデザインを採用しています。

フロントフェンダーの横にはおなじみサイドギル(ただし小さくなっている)があり、ドア下部は大きくえぐられているので、前後フェンダーの膨らみを協調したデザインを持つということになりそうです。

なお、現行メルセデス・ベンツのほとんどは「官能的純粋」なるデザイン言語を採用し、可能な限りの段差や抑揚、継ぎ目を抑えていますが、この新型SLについては独自路線を歩むことになる模様。

ぼくが今回のリーク画像にて注目したいのは「Aピラーがブラックアウトされていること(ドアミラーも)」。

この手法は「車高を低く見せる」手段として古くからアルファロメオ、BMW等が用いてきたものであり、しかしメルセデス・ベンツとしては「かなり珍しい」と考えていて、実際に先代SL、メルセデスAMG GTロードスターも「Aピラーはボディカラー同色(SLの場合はリトラクタブルハードトップを採用していることもその理由の一つだとは思う)」です。

さらにフロントフードとフロントウインドウとはかなり角度が異なっていて(連続したラインを持たない)、これはおそらく意図的に「ミッドシップスーパースポーツとは異なる、フロントエンジンならではのロングノーズ」をアピールしたものだと考えられ、AMG GTやSLS AMG等と同様の手法だと言えそうです(しかもウインドウ面積はけっこう小さく見える)。

新型メルセデス・ベンツSLの発表間近!メルセデス・ベンツが「SLの65年以上にわたる歴史」を振り返り、各世代のSLを紹介
新型メルセデス・ベンツSLの発表間近!メルセデス・ベンツが「SLの65年以上にわたる歴史」を振り返り、各世代のSLを紹介

| 新型メルセデス・ベンツSLではガルウイングドアの復活を期待したかったが、それもかなわぬ夢となりそうだ |この記事のもくじ| 新型メルセデス・ベンツSLではガルウイングドアの復活を期待したかったが、 ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツSLについてはこんな情報が公開済み

メルセデス・ベンツは新型SLについていくつかの情報を公開しており、まずは「完全新設計の」ボディシェル。

次期AMG GTと車体を共有すること、ハイブリッドシステムを積むことを前提にアルミニウム、スチール、マグネシウム、カーボンファイバーを組み合わせてボディ剛性を最大化、しかし重量を最小化しており、結果的にボディ剛性は現行AMG GTロードスター比にて、横方向で50%向上、縦方向では40%向上している、とアナウンスされています。

2022-mercedes-amg-sl-bodyshell

そして内装についてはフルに公開されている状態。

2022-mercedes-amg-sl-interior (8)

Sクラスなど最新のメルセデス・ベンツに比較するとモニター面積は小さく抑えられており、これはエンターテイメント性よりも「運転に集中するドライバーズカーである」ということをアピールしているのだと思われ、新型SLの性格を如実に物語る部分です。

合わせて読みたい、新型メルセデス・ベンツSL関連投稿

新型メルセデス・ベンツSLに偶然ユーチューバーが遭遇
【動画】新型メルセデス・ベンツSLに偶然ユーチューバーが遭遇!即座に追いかけて撮影に成功する

| まさかビバリーヒルズに新型メルセデス・ベンツSLが登場するとは |この記事のもくじ| まさかビバリーヒルズに新型メルセデス・ベンツSLが登場するとは |全体的には「丸く」、現行AMG GTと共通し ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツSLのボディシェルが公開
新型メルセデス・ベンツSLのボディシェルが公開!AMG GTロードスターに比較してもボディ剛性が40%以上向上し、「ほかモデルから引き継いだものは何もない」

| 新型メルセデス・ベンツSLはAMG GTと共同開発、AMG GTロードスターを吸収することに |この記事のもくじ| 新型メルセデス・ベンツSLはAMG GTと共同開発、AMG GTロードスターを吸 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツが新型SLの内装を先行公開!より未来的、より芸術的、より先進的、そしてよりエレガントに
メルセデス・ベンツが新型SLの内装を先行公開!より未来的、より芸術的、より先進的、そしてよりエレガントに

| 新型メルセデス・ベンツSLのインテリアは、Sクラスに比べると「レトロなエレガントさ」を表現したようにも |この記事のもくじ| 新型メルセデス・ベンツSLのインテリアは、Sクラスに比べると「レトロな ...

続きを見る

参照:cochespias

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5