>ランボルギーニ(Lamborghini)

ハイパワーなスーパーカーでアクセルとブレーキを踏み間違えるとこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンが誤って急加速し池にドボン

投稿日:

ハイパワーなスーパーカーでアクセルとブレーキを踏み間違えるとこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンが誤って急加速し池にドボン

| ボクは逆に「アクセルと間違えてブレーキを踏んだ」ことがある |

残念ながらこのウラカンは水没ということで廃車になりそうだ

さて、世の中では多数のスーパーカーの事故が報じられていますが、今回はランボルギーニ・ウラカンのドライバーが「誤って池に突っ込んだ」というニュース。

これはオーストリアにて発生したもので、現地警察によると事件は20日の22時50分頃、31歳のドライバーと40歳の同乗者がモンゼー湖畔の駐車場に車を停めたときに発生したといい、同乗者がクルマを降りた後、ドライバーがクルマを転回させようとしたものの、おそらくはブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えてしまい、誤った方向へと加速して15メートル先の池に落ちたといいます。

幸いにも死者はナシ

なお、クルマが水没してしまうと、水圧でドアが開かなくなってそのまま溺死してしまうことがありますが、今回のケースだと、クルマが沈み始めた後すぐにドライバーは脱出に成功し、自力にて泳いで岸に達することができた、とのこと。

その後同乗者は警察に連絡してドライバーの介抱を行い、ドライバーは念のため病院へと搬送されたと報じられています。

Lamborghini-Huracan (3)

なお、この池は結構深かったようでクルマは完全に水没してしまい、ウラカンを回収するのに5人のダイバー、回収用バルーン(これでクルマを浮かび上がらせる?)、そしてレッカー車を動員し、3時間をかけてウラカンを引き上げた、とのこと。

Lamborghini-Huracan (2)

このウラカンを見るに、フロント~サイドアンダーにエアロパーツが装着され(おそらくリアディフューザーも交換)、さらにリアウイングを装着し、ボディカラーは「レッド、ブラック、グリーン」のトリコローレ、そしてフロントフードにはハチのグラフィック入り(ルーフには”クリス”と文字が入っている)。

Lamborghini-Huracan (5)

完全に水没したことを考えると「廃車」にする以外に方法はないと思われ、エンジンが始動した状態で池に突っ込み、そのまま水を吸ってエンジンが停止したのであれば、コンロッドなど可動部分にもダメージが及んでいる可能性が高く、仮に割安でこの車両を購入したとしても「相当に高額な修理費用」を要求されることになりそうです。

Lamborghini-Huracan (4)

なお、「アクセルとブレーキとを踏み間違えた」のだとすると、そして15メートルの距離を走ったとなると、相当に強くアクセルペダルを踏んだと考えてよく、どういった状況だったのかはちょっと気になるところ。

参考までに、ぼくは幸いなことにブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏んだことはありませんが(それでも、いつやってしまうかはわからない)、過去に一度、その逆つまりアクセルペダルを踏むつもりがブレーキペダルを踏んだことがあります。

どういった状況かというと、バックしながら駐車している状況で、(後ろを見づらく、かつ左ハンドル車だったので)後方確認のために体を大きく左後ろに捻ることになり、そうすると体がずれてしまったことで右足もちょっと左の方に動いたようで、アクセルペダルを踏もうとしたところ、(足の位置がペダル一つぶんずれていて)ブレーキペダルを踏んでしまったというわけですね。

その場合はガクっとクルマが停止するだけで済みましたが(MT車だったのでエンストした)、これが右ハンドルで、右後ろを向いていたら「ブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまうような」状況になっていたかもしれず、よってぼくはそれ以来、運転中は絶対に姿勢を変えないようにしています(ぼくがワイドミラーをいつも装着するのはここに理由がある)。

現地警察がちょっとしたユーモアを利かせる

そして現地警察はこの事件をツイッターに公開していますが、その際に「007 ノー・タイム・トゥ・ダイが予想外の結末を迎えた後、ダニエル・クレイグの後任として新しいジェームズ・ボンドに名乗りをあげた人物がいたようだ。”私を愛したスパイ”に登場したロータス・エスプリを真似しようとしたが、うまくゆかなかったようだね」とコメント。

もちろん、あの有名な「潜水艦」へと変形するエスプリを指しているのですが、日本の警察がこういったツイートをしたり、事故の当該車両の画像をUPしていたりすると非難轟々なのだと思われ、このあたりはお国柄の違いということになりそうですね。

テスラCEO、イーロン・マスクが競売にて購入した「1億1000万円の」ボンドカー、ロータス・エスプリの前オーナーは「わずか11000円で」これを購入していたことが判明

この記事のもくじ| まさに事実は小説より奇なり |いったいなぜこんなことに映画撮影後に「行方不明」となるクルマもこんな記事も読まれています | まさに事実は小説より奇なり | テスラ・サイバートラック ...

続きを見る

オーストリア当局によるTwitter / Facebookへの投稿はこちら

合わせて読みたい、スーパーカーの水没事故関連投稿

ランボルギーニ・アヴェンタドールが水路に落ちる事故
【動画】「ドアが上に開いてよかった・・・」ランボルギーニ・アヴェンタドールが車幅ギリギリの水路にハマり、シザースドアを開けて脱出する

この記事のもくじ| ドアが横に開くタイプだったら車外に出るのは困難だったかもしれない |ここまでスッポリはまるとはランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターの救出はこうやって行われた合わせて読みた ...

続きを見る

世界でもっとも有名な「保険金を受け取るため湖に落とされた」ブガッティ・ヴェイロン。新しいオーナーのもとで現在修理が進行しており、近日中に復活することになりそうだ
世界でもっとも有名な「保険金を受け取るため湖に落とされた」ブガッティ・ヴェイロン。新しいオーナーのもとで現在修理が進行しており、近日中に復活することになりそうだ

この記事のもくじ| オーナーは保険金詐欺にて1年間、連邦刑務所に収監されている |塩湖に落ちただけにぼぼすべてのパーツを交換せねばならないなぜこのヴェイロンは「有名」に?その後みごとヴェイロンは復活「 ...

続きを見る

納車されたばかりのフェラーリ812GTSが池にドボン
一体なぜ・・・。納車されたばかりのフェラーリ812GTSが池にドボン。オーナーの哀愁漂う姿が寂しすぎる・・・

この記事のもくじ| どうやら偶然にパーキングブレーキが解除され、勝手にフェラーリ812GTSが動いたようだ |ただしパーキングブレーキを解除して駐車するのは容易ではないこの状態では修理は難しい?あわせ ...

続きを見る

参照:Carscoops, POLIZEI OO, Abschnittsfeuerwehrkommando Mondsee

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5