ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU)

スバルは本当にチップ(半導体)確保に苦労していた・・・。現在北米での受注残は4.5万台、そしてあと1年は「毎月1万台づつ納車待ちが増えてゆく」もよう

投稿日:

スバル

| なぜスバルは半導体(チップ)確保に失敗したのか |

たしかにスバルは各自動車メーカー中、かなり早い段階からチップ不足による減産を行っていた

さて、主要市場の米国、そして日本でも販売が大きく落ち込んでいるスバル。

特に米国市場ではトヨタ、マツダ、ホンダが2021年の1~10月に2桁の増加率を記録し、現代・起亜自動車が10月までの期間に29%の販売増となったにもかかわらず、スバルだけはコロナまっさかりの昨年よりもさらに今年の数字が悪くなっています。

これについては、「ラインナップが少なく、かつラインナップ間での差異が小さく、そしてここしばらくデザインの変化がなかったスバル」に人々が飽きてきたんじゃないか」と考えていたものの、どうやら実際はちょっと事情が異なるもよう。

単にスバルは半導体(マイクロチップ)の獲得に苦戦しているだけだった

いったいそこにはどういった事情があるのかということですが、簡単に言うと「他自動車メーカーに比較して、スバルは半導体の確保に苦戦しており、チップを手に入れることができていない」という単純なもの。

米国では現在45,000台の受注残があるといいますが、スバルはこれを消化するだけのチップを確保できておらず、現在の「受注と納車(生産)とのペース」を照らし合わせると、なんと「毎月10,000台づつ受注残が増えてゆく」計算なのだそう。

そしてSUBARUの中村知美社長によると、「この状況は最低でもあと一年は続く」。

つまり、月1万台であれば1年で12万台の受注残がここからさらに積み上がってゆくことになり、これはピークで70万台(北米市場のみ)を販売したスバルにとってはかなり痛い数字です。

スバル

スバルはここまで11年連続で成長してきたが

なお、スバルは2019年まで11年連続で米国市場における販売台数記録を更新してきましたが、2020年にはコロナの影響にて13%も販売が減少してしまい、その後コロナから世界が回復しつつある過程において「半導体不足」に見舞われることになり、2021年は2020年に比較してさらに販売が縮小するのは間違いのないところ。

そしてこの状態があと1年続くのであれば、2022年の見通しも明るいとは言えず、まさかの「3年連続での販売減少」となりそうです。

ちなみにチップ不足については各メーカーとも等しく影響を受けているわけではなく、たとえばテスラは「かなり影響が小さい部類」。

一方でフォルクスワーゲン、スバル、メルセデス・ベンツは影響が「かなり大きく」、とくにフォルクスワーゲンは生産台数がなんと半減しています。

フォルクスワーゲン
チップ不足にてVWの生産が1958年の水準まで逆戻り!同社最大の工場では年産100万台が30万台へ減産を強いられるも、テスラはチップ不足に適切に対処して利益記録を更新

| チップ不足によって、自動車業界全体では770万台もの減産が生じているらしい |この記事のもくじ| チップ不足によって、自動車業界全体では770万台もの減産が生じているらしい |まさかここまでの影響 ...

続きを見る

唯一救いがあるとすれば、スバルはWRXやBRZ、ソルテラなど魅力あふれる新型車を発表していて、現行車種についても高い人気を誇るほか、「ウィルダネス」シリーズも高い評価を得ているといい、つまりは「顧客の支持が厚い」こと。

よって「長い納車待ちを耐え忍んだとしても」欲しいと思わせるクルマが揃っていることになり、そのためチップ不足が改善されたならば、その販売は「3年間の不振をチャラにしてお釣りが来るほど」成長することになりそうです。

合わせて読みたい、スバル関連投稿

スバルのキー
スバルの販売減少が止まらず、このままでは1990年代半ば以降、「最大の不振」に。コロナとチップの問題だと言われるが、それだけではないとボクが考える理由

| おそらくスバルのビジネスモデルは他社の侵攻によってゆらぎ始めている |この記事のもくじ| おそらくスバルのビジネスモデルは他社の侵攻によってゆらぎ始めている |ここまでは「ガラパゴス」にて春を謳歌 ...

続きを見る

トヨタGR86
2021年11月の国内ブランド登録状況は波乱含み!マツダがスズキに抜かれ、スバルにも追い上げられる状態に。もっとも伸びた車種は前年比21.5倍のエクリプスクロス

| 12月にCX-5の登録が伸びなければ、マツダはかなりヤバい状態に |この記事のもくじ| 12月にCX-5の登録が伸びなければ、マツダはかなりヤバい状態に |新車の有無も関係していそうだが、やはり大 ...

続きを見る

スバルBRZ
カナダのスバル正規ディーラーが「新車1台あたり90万円の割引」を開始!ただしその割引を受けるためのハードルがあまりに高かった・・・

| この条件を満たす人は「一握り」だが、その一握りの人々にとっては大変魅力的なオファーだと思われる |この記事のもくじ| この条件を満たす人は「一握り」だが、その一握りの人々にとっては大変魅力的なオフ ...

続きを見る

参照: Automotive News

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->スバル(SUBARU)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5