ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

2021年の北米においてタイカンはパナメーラ、718ケイマン/ボクスターの「倍」を売り911に迫る人気を獲得。これによってポルシェのEV比率は13.5%、PHEV含む電動化比率は17%に

投稿日:

ポルシェ

| まさかタイカンがここまでヒットするとは思ってもみなかった |

おそらくポルシェの「EV比率」「電動化比率」は現時点で(他社に比較して)相当に高い

さて、ポルシェが「2021年の米国市場にて、タイカンにつき、パナメーラの約2倍の台数を販売した」と発表。

数字的なものだと、タイカンとタイカン・クロスツーリスモは9419台を販売し、パナメーラとパナメーラ・スポーツツーリスモとの合計である4257台を凌駕した、とのこと。

ただ、それだけではなくタイカンシリーズの販売そのものも前年比で2倍以上となり、911シリーズの合計台数(1万42台、前年比114%)に迫り、718ケイマン/ボクスターの4294台(前年比125%)に比較しても倍以上となっています。

ポルシェはパナメーラとタイカンは競合しないと言っていたが

なお、タイカン発表時によく指摘されたのが「パナメーラとの競合」。

実際にはタイカンはパナメーラよりもやや小さく、スポーツ志向のハンドリングを持っているのですが、同じ「4ドアサルーン」ということで、自社内での競合(カニバリズム)が生じると言われていたわけですね。

ただ、ポルシェは「タイカンとパナメーラとは異なる性質を持つ」としており、両者が食い合うことはなく、そしてパナメーラにも次世代モデルが存在し、タイカンと共存する、ともコメントしています。

ポルシェ・パナメーラGTS
現行限りでタイカンにバトンタッチし終了と思われたパナメーラ。ポルシェCEOが「パナメーラが第3世代に移行して生き残る」可能性を示唆

| パナメーラとタイカンとをラインアップに揃えるのは無駄のようにも思えるが |この記事のもくじ| パナメーラとタイカンとをラインアップに揃えるのは無駄のようにも思えるが |普通に考えるとパナメーラとタ ...

続きを見る

しかしながらこれまでの状況、そしてこの1年の結果を見るに、「タイカンがパナメーラを食ってしまった」ことは否定のしようがなく、となると次世代パナメーラの存在も「危うい」のかもしれません。

さらにタイカンは「納車待ち」がかなり長いといい、生産能力の増強によって納車が進めば、さらにポルシェ内での存在感を強めることにもなりそうです。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカンの受注は「当初計画の倍」以上!現在では納車待ちの列が半年先にまで伸びたようだ

| さすがにポルシェ・タイカンがここまで売れるとは考えてなかった |この記事のもくじ| さすがにポルシェ・タイカンがここまで売れるとは考えてなかった |新規参入組の中では「もっとも成功したEV」となる ...

続きを見る

それでもパナメーラは718シリーズと同じ数を売っていること(これが、タイカンよりも大きな”サイズ”という理由なのか、”ガソリン”という理由なのかはわからないものの)、そしてパナメーラはフォルクスワーゲングループのほかブランドとの共通パーツや設計が(911や718よりも)多く利益を取りやすいことを鑑みるに、次世代モデルではタイカンとの差別化を大きく取り、パナメーラが生き残ることも考えられます。

ポルシェ・タイカン

ただしメインストリームはやはりSUV

ただ、タイカンがいくら伸びたといえどもマカンやカイエンといったSUVの人気には勝てず、もっとも売れたポルシェとなったマカンは2万4716台、そしてカイエンは1万7299台を販売していて、マカンはじつに911シリーズやタイカンの2.7倍を販売している、ということもわかります。

北米におけるポルシェの販売台数は7万25台にのぼり、これは同市場にとって新記録となるそうですが、それぞれの内訳をまとめると下記の通り。

北米におけるポルシェ各シリーズの販売ランキング

  1. マカン 2万4716台
  2. カイエン 1万7299台
  3. 911シリーズ 1万42台
  4. タイカン 9419台
  5. 718シリーズ 4294台
  6. パナメーラ 4257台
    合計 7万25台

この販売状況から計算すると、ポルシェにおけるEV比率はなんと13.5%となっていて、これはメジャーメーカーの中ではかなり高い数字といって良さそうですが、プラグインハイブリッドを考慮に入れた「電動化車両比率」だと17%にものぼり、この数値はさらに高くなります。

ポルシェは「EV第二弾」としてマカンのピュアエレクトリック版を用意していて、そしてマカンは現在もっとも売れているポルシェだけあって、このマカンEVが発売されると一気にEV比率が上昇することは間違いなく、さらに「まったく新しい顧客を呼び込み」「他社のシェアを奪う」と言われるミニバン(プラグインハイブリッド)の発売もウワサされているので、やはりこれが登場すれば、電動化比率もぐっと上がることになりそうです。

ポルシェがミニバンを発売?
え?ポルシェがミニバン?SUVラインアップのフラッグシップとして7人乗りの「セダンとSUVの中間のような」クルマを発売するもよう

| ポルシェはクルマが売れない時代に向け、自社のクルマを選んでもらえるための努力を続けている |この記事のもくじ| ポルシェはクルマが売れない時代に向け、自社のクルマを選んでもらえるための努力を続けて ...

続きを見る

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

え?ポルシェがミニバンをデザイン?ポルシェ公式、「スマホ世代を潜在顧客に設定した」ヴィジョン・レンディーンストはこんなクルマ
え?ポルシェがミニバンをデザイン?ポルシェ公式、「スマホ世代を潜在顧客に設定した」ヴィジョン・レンディーンストはこんなクルマ

| ポルシェは本気で「快適に移動でき、クルマの中で何ができるのか」を追求しはじめている |この記事のもくじ| ポルシェは本気で「快適に移動でき、クルマの中で何ができるのか」を追求しはじめている |ポル ...

続きを見る

ポルシェ・マカン「エレクトリック」初捕捉!現行マカンとは大きく異なるスポーティーなスタイルで登場か

| 画像を見るとかなり高い完成度を持っており、発表が近いことを伺わせる |この記事のもくじ| 画像を見るとかなり高い完成度を持っており、発表が近いことを伺わせる |マカンEVは「ハイパフォーマンス・エ ...

続きを見る

ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエンにも「ピュアエレクトリックモデル」登場のウワサ!マカン同様に「エレクトリック版とガソリン版とを併売し」緩やかにピュアEVへと移行させる?

| ポルシェの人事異動によって、カイエンの開発担当がタイカンのプロジェクトリーダーへと入れ替わったようだ |この記事のもくじ| ポルシェの人事異動によって、カイエンの開発担当がタイカンのプロジェクトリ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5