ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini) ■自動車各社業績/ランキング等

ランボルギーニは2021年に8,405台を販売し過去最高の売上を記録!さらに向こう1年の生産はすべて決まっており、2022年には「4つのニューモデル」を発表

投稿日:

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

| ランボルギーニの勢いはとどまるところを知らない |

ただし「ウルス依存」なのはちょっと気になる

さて、フォルクスワーゲングループ内のブランドだとベントレーが「歴史上、過去最高の販売台数を記録した」と発表していますが、今回はランボルギーニが過去最高の8,405台を販売し、昨年実績を13%上回ったとアナウンス。

モデル別の内訳を見ると、ウルスが5,021台(59.74%)、ウラカンが2,586台、アヴェンタドールが798台という構成となっていますが、アヴェンタドールはモデル末期となっているために生産が「ほぼ終了しかけて」いて、この数字はいたしかたないところ。

そう考えると、「3つしかラインアップのない」ランボルギーニにとってひとつが欠損することは非常に手痛いダメージとなり、売上を一時的に落とさずに販売を伸ばしてゆくにはあと2つほどモデルがあるといいのかもしれません。

ちなみにアヴェンタドールにつき、「最後の」バリエーションであるLP780−4ウルティメ、そしてそのオープンモデルであるLP780-4ウルティメ・ロードスターを作りきってしまうと、おそらく2023年までは後継モデルが登場せず(納車を開始できず)、そのぶんの売上が見込めなくなってしまい、よって来年はかなり苦しい年になる可能性もありそうですね。

参考までにランボルギーニの販売台数をグラフにするとこんな感じで、ウルスの貢献度が非常に高いということもわかります。

2022-01-12 19.49.15

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ
「アヴェンタドールがついに販売終了、注文できなくなった」との報道。これから2−3年の間、ランボルギーニはV12モデルを持たないことに?

| 現在はあまりに事情が特殊すぎる |この記事のもくじ| 現在はあまりに事情が特殊すぎる |いずれの自動車メーカーも、「この早すぎる」電動化の波への対処に追われている今回はちょっと事情が異なるもののな ...

続きを見る

地域別の販売台数はこうなっている

そして販売地域別に見てみると、アメリカとアジア太平洋地域の販売が14%増、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域が12%増となり、主要3市場で2桁の成長を遂げていることがわかります。

最も人気のある市場はアメリカで2,472台(前年比11%増)、次いで中国が935台(55%増)、ドイツが706台(16%増)、イギリスが564台(9%増)となっており、本国イタリアでは、3%増の359台が販売された、とのこと。

なお、わが日本では457台にとどまり、前年比で27.6%減と大きく減っていますが、この理由についてはちょっと「謎」。※日本市場にとってはウルスのサイズが大きすぎて販売しにくいのかもしれない

ランボルギーニは2022年に4つの新製品を発表

加えてランボルギーニは、今後12ヶ月間ぶんの生産能力を埋めるだけの受注を受けているともコメントしており、さらには2022年に4つのニューモデルを発表する、とも。

この4つについては現時点では明かされていないものの、ウルスのハイブリッドバージョン、そしてウルスのフェイスリフトモデル、アヴェンタドール後継モデル、ウラカンの最終記念モデルあたりなのかもしれません。

ランボルギーニは2024年までにV12モデル、V10モデル、そしてウルスの3つのラインナップをすべてハイブリッド化する計画を持っていて、2029年までには「第4の」ラインナップとなるモデルを”ピュアエレクトリックモデルとして”発表するとアナウンスしており、ここしばらくは大きくブランドが変革されてゆくことになりそうですね。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |この記事のもくじ| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |ウルスは2022年にモデ ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニ初のピュアEVはアウディとポルシェとの共同開発、そして2+2となり2027年あたりに発売との報道。プラットフォームはVWグループ入魂のSSP

| ランボルギーニはフェラーリやマクラーレン、アストンマーティンと比較して「VWグループのシナジー効果」の恩恵に浴することができる |この記事のもくじ| ランボルギーニはフェラーリやマクラーレン、アス ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
まったく「ブレない」スーパーカーメーカー、ランボルギーニ。そのモデル名、ボディカラー名、ホイール名などは神話や星座に関係し、こういった由来を持っている

| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |この記事のもくじ| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |設立以降、何度オーナーが変われども星座や神話に由来する名称を ...

続きを見る

参照:lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■自動車各社業績/ランキング等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5