ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型BMW X7の公式画像がリーク!スプリットライトを採用しアクの強い顔つきに。なぜBMWは「嫌われそうな」デザインを採用しここまで攻めるのかを考えてみた

投稿日:

新型BMW X7の公式画像がリーク!スプリットライトを採用しアクの強い顔つきに。なぜBMWは「嫌われそうな」デザインを採用しここまで攻めるのかを考えてみた

| BMWは常に現状に満足せず、攻め続けるというアグレッシブな姿勢を持っている |

そしてその姿勢を示すにはデザインしかなく、多数に嫌われようとも一部に熱烈なファンがいればいいと考えているようだ

さて、昨年からチョコチョコと新型(フェイスリフト/マイナーチェンジ版)BMW X7のスパイフォトが出回っていますが、今回は新型X7のオフィシャルフォトと思われる画像がリークされることに。

この画像が「オフィシャルフォト」という確証はないものの、画像にある車両がこれまで見られたプロトタイプの特徴を持つこと、左下の「The X7」の文字やフォントなど最近のBMWが採用する手法が用いられており、総合すると結構信憑性が高いという判断が可能です。

マイナーチェンジ(フェイスリフト)版BMW X7
まだグリル大きくなるの?巨大グリルを持つ新型BMW X7が目撃。まるでロールスロイスのような顔つきに

| おそらく今後、BMWはシリーズ間でもデザイン的相違を拡大させるに違いない |この記事のもくじ| おそらく今後、BMWはシリーズ間でもデザイン的相違を拡大させるに違いない |現行X7のフロントグリル ...

続きを見る

新型X7の顔つきは大きく変わる

そこで今回リークされた”オフィシャルフォト”を見てみると、やはり驚かされるのは上下二分割された「スプリットヘッドライト」。

これについてはかねてよりウワサされ、またスパイフォトでも確認できていたものの、実際にこうやって見るとかなりインパクトがある、と思います。

なお、「上部」のランプ部分(デイタイムランニングランプとウインカーだと思われる)周辺はやや丸みを帯びた形状を持ち、画像に映る車両の右先端部分(左フロント)を見ると後方に向かって流れるようなデザインを持つことがわかります。

一方でその下のランプ(ヘッドライト?)はスクエアな形状を持ち全面に押し出されているようにも見え、さらにその下のエアインテークやセンター下部のインテークそしてガイドは直線を基調としたデザインを持つもよう。

つまりは直線や曲線のみではなく複数のラインを組み合わせた複雑な動きを持っているということになりますが、これによって新型BMW i7は大きくその印象を変えることになりそうです。

なぜBMWは思い切ったデザイン変更を?

そこで気になるのがなぜBMWはここまでアグレッシブなデザインを採用するのか。

これまでにもBMWはイカリング、バングル・アス、タイヤハウス下方から下に広がるデザインを持つボディアンダー(とくにサイドステップ)といったデザインの流行を作っていて、「金太郎飴」と言われつつもデザインに対しては非常に高いプライオリティを置いてきたことがわかります。

BMWはとにかくメルセデス・ベンツに「追いつけ、追い越せ」という意識をもって邁進していると思われますが、ここで武器として掲げたのがデザインなのかもしれません。

メルセデス・ベンツはどちらかというと「万人受け」に近いデザインを持っているものの、そこでBMWは「アクの強い」デザインを採用することで「嫌う人がいようとも、一部の人が強烈に好きになってくれればいい」という戦略を採用したのだと思われ、つまりは中庸を捨てたということですね。

さらにBMWは自ら作ったデザイン的流行をアッサリ切り捨てる傾向もあり、それは常に前に進み、新しいファンを獲得する必要があるためなのかもしれません。

BMWのデザイナー「成功しているときこそ変わるのだ。我々は前に進む必要があり、巨大キドニーグリルは変革の象徴である」。BMWは一歩も引く気はないらしい

| BMWは「変わらなければ競争から置いてゆかれる」と考えている | 自動車史上、デザインにおいてこれほどまでの議論と批判を巻き起こしたことはないであろうと思われる「近年のBMWにおける、キドニーグリ ...

続きを見る

その変化の速度はあまりに早く、よって「ついてこれない」人も多数といった状況で、しかしBMWは変化について来ることができず、文句ばかり言う人に対して苦言を呈したことも。

つまり、デザインはもちろん、その姿勢についてもBMWは「攻撃的」であると考えられ、その攻撃的な姿勢に魅力を感じる人が多いのものまた事実。

BMW Z4(レッド)
BMWがTwitter上で批判する人々に喧嘩を売る!「なあ年寄りさん達よ、変わるべきでない理由って何よ?」

| いいかげんBMWは批判に耐えかねたようだ |この記事のもくじ| いいかげんBMWは批判に耐えかねたようだ |直近だとやはり巨大「キドニーグリル」そして4シリーズでは批判をモノともせずにグリルが巨大 ...

続きを見る

ただ、それには副作用もあり、「攻撃的な姿勢やデザインを好む人がBMWを購入する」ことにより、BMWのドライバーは攻撃的で自己主張が強いという評価が世界中でなされるといった事実もあるようです。

BMW
BMWとアウディのドライバーは他メーカーに比較して圧倒的にサイコパス傾向が高いとの統計。「大きなグリル」「プレミアムメーカー」が共通項?

| さらにはエレクトリックパワートレーンを積むクルマのドライバーもサイコパス傾向が高いもよう |この記事のもくじ| さらにはエレクトリックパワートレーンを積むクルマのドライバーもサイコパス傾向が高いも ...

続きを見る

とにかくBMWは「グリル重視」

BMWがそのデザイン戦略について重視しているのは「顔」。

そして顔の中心となるのはキドニーグリルということになりますが、これは実際にクルマを見たり、画面越しに画像や動画を見たりという際のインパクトに加え、「(BMW車以外のドライバーが)クルマを運転中、ルームミラーに映ったBMWを見た時」の印象までを考慮しているといいます。

つまりBMWはあらゆる方面から人々の心に印象を残そうと務めているということになり,それがキドニーグリルというわけですね。

BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」
BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」

| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |この記事のもくじ| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |たしかに話題になるということは「注目 ...

続きを見る

よってBMWはこれまでにもどんどんキドニーグリルを巨大化させており、その発端となった現行7シリーズでは、キドニーグリルを大きくするためにフェイスリフトにあわせて「ボンネットの高さを5センチ上げる」など大掛かりな変更を行っています。

通常、フェイスリフトではこういった「ボディパネルの金型を再設計する」ような大きな変更を用いることはなく、前後ランプやバンパーといった「小変更」に留めるものですが、この後期型7シリーズはキドニーグリル変更のために多大なコストを支出することに。

この際にBMWが語ったのは「高級車のグリルは大きくなくてはならない」ということで、この変更に前後し、モデルにあわせた「横長」や、M3/M4のような「バーチカルキドニー」といったバリエーションが登場しているわけですね。

ただ、キドニーグリルの巨大化についてはもうそろそろ限界になったと考えてよく、そこで(高級車らしくグリルを大きく見せたい)BMWが採用したのが(おそらくは)キドニーグリルのサイズを絶対的に拡大するのではなく、相対的に拡大すること。

キドニーグリルを大きくするのではなく、その周囲のパーツを小さくしてしまうことでキドニーグリルを目立たせるということになりますが、これが新型X7、7シリーズやi7にて行われることだと考えて良さそうです。

あわせて読みたい、BMW関連投稿

BMW 4シリーズのキドニーグリル
BMWのデザイナーが新型4シリーズのキドニーグリルについて語る!「批判があるのは承知の上だ。そもそも4シリーズは万人に向けてではなく、20%の人に対してだけデザインされたものだ」

| ボクはどうやらその20%に入っているらしい |この記事のもくじ| ボクはどうやらその20%に入っているらしい |なぜに20%?ただし現代では「アクの強い車」が万人受けすることにあわせて読みたい、関 ...

続きを見る

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |この記事のもくじ| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |BMWにとって「レトロ路線は無い」ただしBMWはいく ...

続きを見る

BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」
BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」

| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |この記事のもくじ| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |つい ...

続きを見る

参照:Wilcoblok(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5