ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

パガーニ・ウアイラの後継ハイパーカー「C10」がはじめて路上で目撃される!レトロモダン、そしてスリムでスマートなデザインを採用するようだ

投稿日:

パガーニ・ウアイラの後継ハイパーカー「C10」がはじめて路上で目撃される!レトロモダン、そしてスリムでスマートなデザインを採用するようだ

| おそらくは「タイムレスな」デザインにて長きにわたり人々に愛される姿を採用するのだと思われる |

オプションにはマニュアル・トランスミッションも用意し、ガソリン世代最後として有終の美を飾る

さて、パガーニは「ウアイラ」シリーズの予定生産台数を消化して後継モデルへと移行することになりますが、現在その後継モデルは「C10」なるコードネームで呼ばれています。

パガーニ創業者、オラチオ・パガーニ氏によると「すでに正式名称は決まっている」といい、その姿とともに慎重に隠し続けていたものの、1月には公式フォトと思われる姿がネット上に流出してしまい、大きく同氏が落胆したとも報じられていますね。

パガーニのニューモデル「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?
パガーニの新型ハイパーカー「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?

| パガーニのファンはウアイラよりもゾンダを高く評価しているために「先祖返り」か |この記事のもくじ| パガーニのファンはウアイラよりもゾンダを高く評価しているために「先祖返り」か |そしてゾンダより ...

続きを見る

今回「C10」プロトタイプが目撃されることに

そして今回、イタリアの路上にておそらくは「初」となるパガーニC10のプロトタイプが目撃されることになり、その薄い偽装からはおぼろげながらも市販モデルの姿が見えてくるようにも。

ただ、以前に「リーク」されたC10の画像に比較すると全体的にスマートで、かつなめらかな曲線を持つように思いますが、リーク画像が公開された際には「画像は縦方向に圧縮されており、実際はもうちょっと細長い」というコメントも添えられていたので、やはりリークされた画像は実際のC10だったのかもしれません。

今回インスタグラムに公開されたC10のプロトタイプを見るに、ウアイラでもおなじみのドアミラー、そしてクワッドテールパイプが確認でき「いかにもパガーニらしい」クルマだということがわかりますが、全体的には非常にシンプル、そしてレトロモダンな印象もありますね。

現時点ではそのスペックは謎に包まれているものの、エンジンはAMG製のV12ツインターボとなるのは間違いないと推測され、ただしマニュアル・トランスミッションがオプションで用意されるとも。

そしてパガーニとしてはこれまでどおり「テクノロジーよりも、ピュアであること」を目指す旨の発言をしているので、ガソリン時代の最後にふさわしい、そして今後長きにわたって価値を発揮するモデルとなりそうでもありますね。

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。私の顧客は運転中の感動を重視している」
パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。ドライバーを興奮させるのに2000馬力は必要ない」

| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ |この記事のもくじ| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ ...

続きを見る

今のところ価格や限定台数は不明だが

この「C10」につき、最初に登場するモデルはハイブリッド化されずに「ガソリンエンジンオンリー」で走るとも言われていますが、のちに(2025年くらい)ピュアエレクトリックモデルが追加される、という話もあるようです。

価格については未定ながらも「数億円」なのは間違いなく(4億円くらい?)、限定台数は99台、そして納車は2023年からという説が濃厚であり、続報に期待したいところ。

なお、ウアイラのように「ロードスター」や「BC」「R」といったバリエーションが追加されたり、顧客の要望に応じて様々なエアロパッケージを用意するのかどうかはわかりませんが、そういった「バリエーションの多さ」「他と被らないところ」もパガーニが支持されている理由のひとつでもあり、おそらくはウアイラ同様に多くのモデルが追加され、そしてネット上を賑わすことになるのかもしれません。

あわせて読みたい、パガーニ関連投稿

3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター
3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター

| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |この記事のもくじ| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |ただ ...

続きを見る

【動画】存在するのは40台、価格4億円のパガーニ・ウアイラ・ロードスターを洗車する動画!意外と豪快に洗う様には驚かされる
【動画】存在するのは40台、価格4億円のパガーニ・ウアイラ・ロードスターを洗車する動画!意外と豪快に洗う様には驚かされる

| さすがにこの価格帯のクルマを洗うのは大変な気を使うことになりそうだ |この記事のもくじ| さすがにこの価格帯のクルマを洗うのは大変な気を使うことになりそうだ |そして「磨く」となるともっと気を使い ...

続きを見る

パガーニが「ウアイラ・ロードスターBCの限定台数40台をすべて作り終えた」と発表。次はウアイラRの30台を製造してウアイラが終了、いよいよ後継モデルへとバトンタッチ
パガーニが「ウアイラ・ロードスターBCの限定台数40台をすべて作り終えた」と発表。次はウアイラRの30台を製造してウアイラが終了、いよいよ後継モデルへとバトンタッチ

| パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCは「パガーニ史上もっともパワフルで速い」オープンモデル |この記事のもくじ| パガーニ・ウアイラ・ロードスターBCは「パガーニ史上もっともパワフルで速い」オープ ...

続きを見る

参照:iuri.giova(Instagram), TheSupercarBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->パガーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5