>その他アメリカ車

PSC モータースが1700馬力のハイパーカーを公開。デザイナーは15歳

更新日:

今度はラスベガス。また新興スーパーカーメーカーが名乗りをあげる

V-1

ラスベガスからのスタートアップ・プロジェクト、PSC MotorsによるSP-200 SIN。
9リッターV8エンジンから1700馬力を発生し、重量1400kg、0-100km加速は2.8秒、最高時速は450キロというスペックを持ちます。

いくつもの企業がこんな感じで計画を上げ、資金調達を行った後にプロジェクトが立ち消えになったりしていますが、どうもこのプロジェクトも消えそうな予感。

この手の計画で実現したのはおよそライカン・ハイパースポーツくらいだと思いますが、なかなかハイパーカーのプロデュースは難しいのでしょうね。

V-7

V-3

V-4

ほかにもこんなにある、小規模生産のスーパーカー/ハイパーカー

さすがモナコ。完全にSF映画な車(900馬力のEV)が目撃される
ポルシェチューナーが911のエンジンを搭載したハイパーカー発表。0-100キロ加速は2.4秒
フェラーリ元従業員が立ち上げた「ATS」。800馬力を標榜するスーパーカー「GT」を公開
世界初、3Dプリンターで作られたスーパーカー登場。なお価格はケーニグセグ並み
本当に発売する模様。中東の新興メーカーから砂上のスーパーカー「ザルーク・サンドレーサー」
中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台
ジュネーブにて、ポルシェ918スパイダーよりニュルを27秒速く走るスーパーカーが発表に
チャンピオン2回のF1ドライバー、フィッティパルディ氏がスーパーカーをジュネーブで発表
ポーランドから新型スポーツカー、 Hussarya GTが登場。英国ジェントルマンレースへのトリビュート
イタリアでもっともパワフルで速いハイパーカー登場。Mozzanti Elantra Millecavalli
よくわからない中東のスーパーカー、Devel16が4515馬力を記録した件
これは国民性?メキシコ初の1400馬力スーパーカーがエグい件
全然知られていないスーパーカー、Mazzantiエヴァントラに771馬力のハードコアモデルが追加された件
シンガポール製ハイパーカー、「デンドロビウム」見参。バンザイ・ドア装備
フィンランドより1341馬力のハイパーEV、「Tridion 1MW Concept」登場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他アメリカ車
-

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5