■近況について

椎間板ヘルニア手術その後。入院7日目から退院まで

投稿日:2015/09/02 更新日:

IMG_0397

椎間板ヘルニア手術7日目。
まだまだ入院中。
抜糸はまだ7日も先なので、退院もその先ですね。
今のところ感染症、合併症もあらわれず、術後の経過は良好です。
なお病室は非常に静かで、4人部屋なのですが、隣の人のお腹のなる音も聞こえるほど静寂に包まれており、かなり気を遣います。

8日目。
リハビリを開始していますが、ぼくは入院前からエアロバイクを使用して筋力が衰えないようにしていたので、実際のところリハビリの必要はほとんど無い程度。
朝6時に起床して朝食を食べ、10時30分にはリハビリが終了し、その日の日程はすべて終了。
通常とは全く異なるサイクルにも慣れてきました。
肝心のヘルニアの痛みはかなり楽に。
ただし神経が1年半も圧迫されていたのでそれなりに損傷があるらしく、残留した痛みもあります。
これは痺れとともに時間をかけて治して行くしか無いですね(痺れは取れないかもしれない)。

9日目。
入院している病院は次の週の食事のメニューが選べるようで、渡された紙に記されたメニューを選んで提出します。
食事が美味しいのがまだ救いですが、全く病院の外へ出ないので外部の天気すらわかりません。
検温と血圧測定は1日一回ですが、時折血液検査があります。
まだ傷は痛みますが、おそらく気をつけて通常の生活に戻れるレベル。
それでもまだ感染症の危険性がぬぐえたわけでは無い、ということでひたすら院内に閉じ込められているわけですね。
もう9日も入院しているのが信じられませんが、微妙に住み心地が良くなってきており、退院するのが惜しいと考える自分がいたりします。

10日目。
リハビリも順調で、筋力トレーニングの他、エアロバイク(10分くらい)と歩行(500メートルくらい)を開始。
階段の上り下りも開始しています。
なおヘルニアの痛みも残留していますが、手術前に比べると雲泥の差。
ヘルニアの出っ張りは取っているので神経を圧迫するものはないはずですが、神経がまだ炎症を起こしているので(ヘルニアは出っ張りが神経を圧迫し、神経が炎症を起こすことで痛みや痺れが出る)ピリっとした痛みが走ったり筋肉痛のような座骨神経痛がありますが、これが収まるにはしばらくかかりそう(もしくは治らないか)。

11日目。
毎日同じことの繰り返してですが、起床、就寝、リハビリ、食事の時間が決まっているので、その他のことは自分でスケジュールをたてて行う必要があります。
その他のこと、というのはたとえば髪を洗ったり体を拭いたりということなのですが(2週間はシャワーも浴びることができない)、共同生活なので他の人と時間をずらして行動する必要があるのです。
食事後はトイレや洗面台が混むので、それを避けて食事の1時間半後(それくらいの時間だと寝ている人が多く、混まない)を目安に洗面台を使用したり、という感じですね。
ここまで長期間シャワーすら浴びないというのははじめての経験で、そのためか手足の皮膚の皮が剥けてきています(日焼け後のような感じ)。

なお入院にあたって、動きやすさ、軽さ、乾きやすさ、コルセットを装着するのでワンサイズ大きなもの、等を基準に3セットほど室内着を新調しています。
価格優先で選んでおり、具体的に言うとアディダスのクールマックスを使用した製品群ですね。

コルセットは常時着用する必要があり、汚れても洗う時間がなく、そのために肌と直接触れないようにして「汚れない」ように配慮する必要があります。
そのため、まず体にぴったりフィットしたタンクトップを着用し、その上からコルセット、そしてその上から大きめのTシャツ、という感じで服を着ています。

12日目。
ようやく抜糸。
今日糸を抜いて明日に再度傷の具合を確認し、その後に問題がなければ退院です。
入院〜退院までの目安は2週間ほど。
腰椎の2、3、4番を削っており、3と4にはプレートが入っている模様。
骨折のようなものでまだそれが安定せず、そのために退院後もコルセットを1ヶ月装着する必要がありますが、ずいぶん痛みは軽くなっています。
なお、日によって痛むところが異なり、それだけまだ「安定していない」ということが身をもってわかります。

明日退院、ということでなんとなくセンチメンタルな気分に。
入院したての頃は早く出たくて仕方がなかったのですが、二週間もいるとすっかり我が家のように感じてしまい、ずっとこのままここにいてもいいのでは、という気になってくるのが不思議です。

再発しない限りは二度とここに来ることもないだろう、ということで入院患者向け病棟を一回り。
毎日何度も足を運んだ図書室にはとくに思い入れがあります。

13日目。
ようやく退院。
手術をしてヘルニアによる痛みがすぐに、かつ完全に良くなるものではありませんが、ぼくの場合は手術をしなければその原因を取り除けないので手術以外の選択肢がなかったわけですね。
術後もヘルニアが出た時に痛めた神経がまだ炎症を起こしたままだので痛みや痺れはありますが、今までほどの痛みはありません。
手術直後の痛み、いろいろなものにつながれていた不自由、尿管の気持ち悪さ(これが一番辛かった)などありますが、やはり手術をしてよかったなあ、と思いますし、逆にもっと早くやっていればよかったなあ、とも思います。

なお手術自体が上手く行かない例としては、神経を傷つけてしまい痺れが出る、足を曲げる(足首を上に曲げる)力が弱くなるなどがあるようですが、いまのところそういった後遺症は出ていません。

手術をしても再発の可能性はあり、このまま快方に向かうのかどうかはわかりませんが、ずっと症状が軽くなったので一安心ではあります。
退院後もしばらくは病院に通うことになり社会復帰はまだまだ先になりそうですが、ひとつの節目と考えて良いでしょうね。

ドクターはじめナースの方々には大変お世話になり、ここにお礼を述べたいと思います。

椎間板ヘルニアについて、闘病記?や入院・手術の詳細一覧は下記にまとめています。

入院で思ったこと。こんな老人にはなりたくないという例、こうありたいという例

椎間板ヘルニアの手術その後。右足の痺れについて

椎間板ヘルニア手術その後。今のところ再発もなく快調

椎間板ヘルニア手術その後(退院二週間目)

椎間板ヘルニア手術その後(退院一週間目)

椎間板ヘルニア手術のため入院へ。1日目から6日目まで

「そのうち」はあてにならないな。今がその時だ。サクっとヘルニア手術を受ける

椎間板ヘルニア近況(2015/8/10〜ついに手術決定)

そろそろ服用を中止すべき?椎間板ヘルニアの対策として飲んでいる「リリカ カプセル」

椎間板ヘルニア近況(2015/7/11~ついに手術を考える)

椎間板ヘルニア近況(2015/6/8)

椎間板ヘルニアその後(2015/5/9)

椎間板ヘルニアその後(2015/4/22)

椎間板ヘルニア近況(2015/3/31)

椎間板ヘルニア近況(2015/2/27)

椎間板ヘルニアその後(2015/1/7)

椎間板ヘルニアその後。現在エアロバイクにてリハビリ中

椎間板ヘルニアとポルシェ・ボクスターのシート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f