ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■近況について

椎間板ヘルニアの手術その後。右足の痺れについて

投稿日:2015/09/26 更新日:

DSC00124

さて、術後の経過が良好な椎間板ヘルニア。
それでも右足の痺れについては改善の傾向が見られません。

これは手術前にわかっていたことで、「痛みは取れるが痺れは取れない」ことは認識していたのでとくに気にしていないのですが、先日いかに麻痺しているかを思い知らされる事態が発生。

ランボルギーニ・ウラカンを洗車している時にふと右足を見ると、膝の裏からふくらはぎにかけて赤い斑点が三つほど。
よくよく見ると「蚊に刺された」ようなのですが、右足の表面は麻痺しているので、蚊に刺された痒みを感じなかったわけですね。

これにはいささかショックで、しかし現実を受け入れるしかなく、痛みや痒みを感じないのはそれはそれでいいこともあるかもしれない、と前向きに考えています。
なお感覚がないのは皮膚のみで、押したりつねったりすると皮膚表面の感覚はないながらも、「押された」「つねられた」感覚はあります。

歯科医で麻酔を打たれ、痛みはなくても歯を削られたりしている振動を感じたり、抜かれている時の引っ張られる感は感じる、というのによく似ています。

現状で筋力の衰えはなく、可動範囲に問題はないのでとくに支障はありませんが、感覚が鈍い、というのはなんとも奇妙なものですね。

この痺れについてはいつか治るかもしれませんが、急によくなる類のものではなく、徐々に感覚が戻ってくるものと思われます。
あるいは二度と感覚が戻らないかもしれませんが、それはそれで仕方ない、というところですね。

椎間板ヘルニアについて、闘病記?や入院・手術の詳細一覧は下記にまとめています。

入院で思ったこと。こんな老人にはなりたくないという例、こうありたいという例

椎間板ヘルニア手術その後。今のところ再発もなく快調

椎間板ヘルニア手術その後(退院二週間目)

椎間板ヘルニア手術その後(退院一週間目)

椎間板ヘルニア手術その後。入院7日目から退院まで

椎間板ヘルニア手術のため入院へ。1日目から6日目まで

「そのうち」はあてにならないな。今がその時だ。サクっとヘルニア手術を受ける

椎間板ヘルニア近況(2015/8/10〜ついに手術決定)

そろそろ服用を中止すべき?椎間板ヘルニアの対策として飲んでいる「リリカ カプセル」

椎間板ヘルニア近況(2015/7/11~ついに手術を考える)

椎間板ヘルニア近況(2015/6/8)

椎間板ヘルニアその後(2015/5/9)

椎間板ヘルニアその後(2015/4/22)

椎間板ヘルニア近況(2015/3/31)

椎間板ヘルニア近況(2015/2/27)

椎間板ヘルニアその後(2015/1/7)

椎間板ヘルニアその後。現在エアロバイクにてリハビリ中

椎間板ヘルニアとポルシェ・ボクスターのシート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■近況について

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5