■服や小物、時計、雑貨など

けっこう上質。ゼニアやロロピアーナの生地を使ったエディフィスのスーツ

更新日:

DSC01784

ぼくはスーツを着る機会がほぼ無いのですが、皆無ではありません。
よって数着保有していますが、最近お気に入りなのがエディフィスのスーツ。

エディフィスがロロピアーナやゼニアから生地を購入して仕立てたものですが、これがけっこう品質が高く、しかしアウトレット(関西だと三田やりんくうプレミアム・アウトレット)だと4万円前後という価格で購入が可能。

アウトレットだと選択肢が少ないですが、いくつかのカラーや柄は選べますし、たまにしか着ないぼくにとってこの価格でロロピアーナやゼニアの生地を使用したスーツが手に入るのは非常に嬉しい事実です。

ただオーダーでは無いので購入後に自分の体に合わせる必要はあり、パンツはもちろんジャケットについてもぼくはいつも少しだけ弄っています。
具体的に言うと、ぼくは短めの袖が好きなので1センチほど袖丈を詰め、ウエストを若干シェイプする、という内容です(パンツのウエストに比べてジャケットの胴回りがなぜか大きい。中に何か着ることを想定?)。
ウエストを絞ることで一気に「体にフィットした感」が出ますし、トム・フォードのスーツのようなスタイリッシュなイメージが出るのですね(007のダニエル・クレイグのような感じ)。

これに”それっぽい”シャツをネクタイを合わせ、チャーチのメダリオンをあわせるとけっこうダンディーに決まる、と自画自賛しています。
男にとってスーツは鎧、腕時計は刀と表現した漫画がありましたが、もちろん腕時計も気をぬくわけにゆかず、だいたいの場合はカルティエ・パシャを選択(ときにルイ・ヴィトンのタンブール)。
これにネクタイと色をあわせたチーフ、そしてトム・フォードの伊達眼鏡をあわせれば完全武装といった感じです。

DSC01781

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■服や小物、時計、雑貨など
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5