>ランボルギーニ・ウラカン関連

【まとめ】リバティーウォーク×ランボルギーニ・ウラカン。画像や動画を集めてみた

更新日:

リバティーウォークの「ノーマルフェンダー」ウラカン。これなら現実的?

Lamborghini photo at LamboCARS.com

リバティー・ウォークのエアロパーツを装着したランボルギーニ・ウラカン。
ただしオーバーフェンダーを装着しない「ノーマルフェンダー」で、これだと大きな加工は不要であり、現実的ではありますね。

フロントリップ、サイドステップ、リアウイングにリアディフューザー、そしてラッピング、という内容です。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

Lamborghini photo at LamboCARS.com

リバティー・ウォークが新しくカスタムしたウラカンの画像をリリース

lamborghini-huracan-liberty-walk-1

リバティウォークが先日のロッソ・マルスに続き、ビアンコのウラカンをカスタムした画像をリリース。

最近はコンケーブの深いSSRのホイールを使用することが多かったように思いますが、今回はフォージアートのホイールを装着していますね。
ホイールはホワイトにペイントされたものとゴールドとの二種類ですが、ぼく的にはホワイトのホイールの方が相性が良いように思います。

lamborghini-huracan-liberty-walk-3

エアロキットの方はおなじみで前後オーバーフェンダー、リアスポイラー、フロントスポイラー、リアディフューザー、サイドステップのフルキット。
車高はかなり落ちていますが、おそらく前後共室内から車高を調整できるキットを装着していると思われます。

lamborghini-huracan-liberty-walk-5

リバティーウォークのエアロキットが族車をモチーフとしているのはご存知の通りですが、そのぶん「シャコタン」が前提でもあり、このエアロキットでノーマル車高だと似合わないんだろうなあ、と考えたり。
仮に調整式サスペンションキットを入れたとしても、このように撮影時以外はある程度「上げて」いないと盛大に擦ってしまうことになり、やはりこのエアロキットはショー向けなのかもしれませんね。

lamborghini-huracan-liberty-walk-4

サイドのグラフィック(サイドステップ内側とドア下部をブラックにラッピング)は独特で、ロバティーウォーク特有ですね(この部分はサイドステップ外側をブラックにする人が多い)。

lamborghini-huracan-liberty-walk-6

加えて、リバティー・ウォークが直接カスタムを行う場合は他のチューナーのようにルーフやミラーをブラックにせず、オディ同色のままにしておいたり、オールペンしても同色に塗装することが多いようです。

lamborghini-huracan-liberty-walk-2

lamborghini-huracan-liberty-walk-8

lamborghini-huracan-liberty-walk-7

リバティー・ウォークのウラカン用エアロキットの価格が発表に。カーボンもあり

lbw-lambo-huracan-wide-1

リバティーウォークのランボルギーニ・ウラカン・エアロキットの詳細が公開に。

バージョン1のFRPモデルで23320ドル、カーボンファイバーモデルで27640ドル。
バージョン2はFRPモデルで21700ドル、カーボンは26020ドル。
バージョン1と2との差異はリアウイング形状によるみたいですね。

なおパーツ単体ではフロントディフューザーが3780ドル、サイドディフューザーが4320ドル、リアディフューザーも4320ドル、リアウイングは3780ドル〜(いずれもFRP)。

エアサスペンションは9500ドルで提供されるようです。

lbw-lambo-huracan-wide-10

リバティ・ウォークが公式にてランボルギーニ・ウラカンのチューニングを発表

一部ファンが独自にリバティー・ウォークがチューンしたウラカンのレンダリングなど作成していましたが、今回はリバティーウォーク公式にて画像が公開。
まず公開されたレンダリングは「いつも通りの」オーバーフェンダーチューン。
フロントバンパー、リアディフューザー、フェンダー、サイドシル。
ホイールも交換され、サスペンションもローダウンされるようですね。


1
リバティーウォークがウラカン用ボディキットの開発完了。車高はベタベタ

Lamborghini photo at LamboCARS.com

リバティー・ウォークがランボルギーニ・ウラカン用ボディキットを公開。
フロントリップ、サイドステップ、リアディフューザー、ダックテールスポイラー、オーバーフェンダーで構成されています。
ホイールはいつものフォージアートではなくSSR製とのことですが、スポークのコンケーブがかなり深くなってますね。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

サイドステップ、ドアとエアインテークにかけてブラックアウトされるのがなかなか格好良く、下回りのブラック塗装のパーツとよくマッチしていると思います。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

サスペンションについては限界まで落ちていますが、AirREX製に入れ替えることでリモコン操作による車高の上げ下げが可能に。
おそらくノーマル車高にホイール交換だけの状態でエアロキットを装着したのでは妙な感じになってしまうと思われ、そのためこのエアロキット装着にローダウンは必至と思われ、AirREX車高調整キットも予算に入れておく必要がありそうですね。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

すでにヤフオクには出品されていますが、ウイング形状違い(バージョン1とバージョン2がある模様)にて200万円〜250万円くらいで販売されているようです。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

LAのショップがウラカン・スパイダーにLB PERFORMANCEのオーバーフェンダーキット装着

liberty-walk-lamborghini-huracan-spyder-5

ロサンゼルスのカスタムショップ、RDBがランボルギーニ・ウラカン・スパイダーにリバティウォークのオーバーフェンダーキットを装着。
ホイールやローダウン込みで330万円のパッケージとして公開しています。

liberty-walk-lamborghini-huracan-spyder-1

今までもクーペ版のウラカンにリバティウォークのエアロキットを装着している姿はいくつか見られていますが、スパイダーへの装着は非常に珍しいですね。
エアロキットは特徴的なオーバーフェンダー、フロントスプリッター、ワイドフェンダー、リアディフューザー、リアスポイラーからなりますが、レッドのような鮮やかなボディカラー、今回のメタリックグレーのような無機質なボディカラーでもよく似合うと思います。

liberty-walk-lamborghini-huracan-spyder-3

liberty-walk-lamborghini-huracan-spyder-2 (1)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5