>パガーニ(PAGANI)

パガーニ・ウアイラの中国限定版「ディナスティア」詳細画像が到着

投稿日:2015/10/28 更新日:

先日、中国で発表された中国限定パガーニ・ウアイラ「ディナスティア」。
3色1台づつの発売ですが、今回はブルードラゴンの画像を紹介。

とにかく美しいとしか言いようのない仕上がりで、ブルーをテーマとするにあたりアルマイトや塗装など様々な技術を駆使し、エンブレム含めてあちこちにブルーが用いられています。
内外装のいたるところにはカーボンが用いられ、非常に豪華。
外装にもブルーのレザーが用いられており、非常に優雅な仕上がりを見せているのはさすが。

内装については金属の部分の色が通常のウアイラよりもちょっと濃いようで、ダークメタリック調ですね。

シートには漢字の刺繍がありますが(読めない)、ここまでやるのであればフェラーリ599中国限定版のメーター、パネライ中国限定版のダイアルのようにインデックスも感じにすればよかったのに、とは思います。

エンジンはAMG製なので、そのエンジンを組んだ職人(AMGは1基のエンジンを一人の職人が組み、その人の名前が入ったプレートが付く)の名も。

なおパガーニには「ゾンダ」「ウアイラ」が存在しますが、ウアイラはゾンダの後継にあたり(しかしそれでもまだゾンダは生産されている模様)、ゾンダはV12自然吸気エンジン、ウアイラはV12ターボエンジン、という相違があります。

ゾンダのエンジンはは最終的には670-770馬力(モデルによって異なる)までパワーアップしており、軽量さ(1250キロ程度でウアイラよりも100kgほど軽い)もあってウアイラよりもゾンダを好む人が多いようですね。

ウアイラはターボエンジン採用と優美な外観ということもあり、うまくキャラクターを分けていると思い暗す。

関連投稿:やはりパガーニも中国限定モデルを投入。「Dinastia special edition」


パガーニが中国市場向けに、3台限定にてウアイラの特別版「Dinastia special edition」を販売。

これはパガーニ中国(Pagani China Automotive Limited =PCAL) の操業開始を記念してのことだそうで、3つのカラースキームが用意される様子(ランボルギーニ・ヴェネーノと同じような手法ですね)。
なお、3台限定としたのは中国語の「3」の発音が「生」の発音と似ており(さん、としぇん)、生=new birthを意識したとのこと。
名称の「Dinastia(ディナスティア)」は「王朝」を意味する「ダイナスティ」のイタリア語ではないかと推測します。

パガーニ自身がカラーを選び、ブルー、ゴールド、レッドの3台が用意されるそうですが、それぞれ内外装の色がマッチするようにデザインされ、内外装に龍のモチーフが入ります。

AMG製V12ツインターボエンジン、そして700馬力の出力と0ー100キロの加速が3.3秒、最高時速370キロというところは変わらず。
画像にあるモデルカーだけでも何十万円もしそうですね。

関連投稿:パガーニが中国での正式展開を記念しスペシャルモデル「Dinastia」を発売

pagani-china-special-1-660x354

パガーニ・ウアイラの中国限定モデル、「ディナスティア」が上海の空港に到着。
ディナスティアは中国にてパガーニの正規ディーラー発足を祝う限定シリーズで、3台のみ製造。

中国ではこれまでもパガーニが販売されてきましたが、いずれもサードパーティーが輸入したもので、今回はじめてパガーニブランドが中国にて正式にスタートする、とのこと。

単なるカラー変更モデルではなくフロントバンパー形状が異なり、リップ部分が大きくなっているのが外観の特徴。
ボディカラーは三色用意され、ブルーカーボン、ゴールドカーボン、レッドカーボン。
それぞれ異なる龍があしらわれます。

ブルーには水の龍、ゴールドには戦士の龍、レッドは防御の龍、とのことでそれぞれに水の色、鎧の色、炎の色を表すそうです。

そのカラーや由来などかなり中国を意識したもので、中国人にとってはかなり価値のあるモデルとなりそうですね。

pagani-china-special-6-660x475

pagani-china-special-2-660x466

pagani-china-special-1a-660x330

関連投稿:4台目が登場。中国限定「パガーニ・ウアイラ・ディナスティア」のパープルカーボンモデル

14591632_644650169051112_4123192356156148192_n

パガーニ・ウアイラの中国限定モデル、「ディナスティア(王朝)」が上海のパガーニ・ディーラーに到着。
パガーニ・ウアイラ・ディナスティアは2014年に発表され、ブルーカーボン、レッドカーボン、ゴールドカーボンのそれぞれ仕様が異なる3台が制作されていますが、今回のパープルカーボンは「4台目」のディナスティア。

外観としてはパープルカーボンにグリーンのアクセントが特徴ですが、サーキット走行を考慮したパガーニの最新オプション、「パケット・テンペスタ」が装着されるのもトピック。
これは軽量ホイール、大型カーボンフロントスプリッター、リアディフューザーを含むもので、さらにこの車両は他には見られないデザインのサイドステップを装着しています。

14657256_644649955717800_2454296906149574660_n

内装も非常に凝っており、ブラックのアルカンタラに加えカーボンそしてグリーンのレザーやステッチが鮮やかにインテリアを彩っていますね。

14606379_644650142384448_8815094397673506463_n

14656342_644650152384447_6841417347050367305_n

14680485_644649932384469_5111499627186408938_n

14680613_644650095717786_7967004752117193039_n

14717244_644650015717794_5225494919852885498_n

14502784_644650125717783_8062534199674002688_n

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f