>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ・テスタロッサの中古価格も上昇中。ミントコンディションで3600万円

投稿日:2015/11/03 更新日:

Ferrari-Testarossa-100

クラシックフェラーリは価格が上昇中ですが、テスタロッサもその例に漏れない模様。
テスタロッサは1984年から1991年に製造され、7000台超がデリバリーされています。

日本でもバブルの頃に登場したとあって比較的ポピュラーな車種でもあり、高い人気を誇った車でもありますね。

今回北米にて中古市場に出ている個体は1990年製で走行距離わずか276キロの極上車。
レッドの外装にブラウンの内装、という「フェラーリを象徴するカラー」でもあります。

そのぶん価格は高価で、3600万円ほどになりますが、今後これ以上のコンディションの個体は出てこないであろうことは容易に想像でき、今の段階で押さえておくとこれからさらに値上がりするかもしれません。

なおテスタロッサは12気筒エンジンを搭載し5速マニュアル・トランスミッションを介して後輪を駆動。
0-100キロ加速は5.3秒、最高時速は290キロ。

 

関連投稿

低走行、純正バッグ付きのフェラーリ348TBが競売に。予想落札価格は1800万円

1990-ferrari-348-tb-1

程度極上のフェラーリ348TBがオークションに登場。
走行わずか2500キロ、2015年にレストア済みの個体ですが、フェラーリ純正のバッグ(保存袋つき)、工具、車検証入れが付属し落札価格は最高で1800万円程度と見られます。

1990-ferrari-348-tb-5

フェラーリ348TBは308/328の後継にあたりますが(1989年発売)、デザイン的にはテスタロッサ風のフィンやルーバーを多用したものとなり、それまでと大きくイメージが変わっていますね。

1990-ferrari-348-tb-8

フレームが鋼管スペースフレームからモノコックへと変わり、エンジン搭載方法が横置きから縦置きに変わったり、と比較的大きな変更があった世代でもあり、この後に「348GTS」へと改良を受け次世代モデルの「F355」へとスイッチしていますが、ぼく的には348/F355が「もっともフェラーリらしい」と考えていて、この世代のフェラーリに対してはある種の特別な感情があります。

1990-ferrari-348-tb-15

その次の360モデナになるとルーフが高くなりウエッジシェイプがやや崩れることになりますが、その意味でもこれら世代の低さは際立っていますね。
なお348TBの日本での価格は1680万円(現在のフェラーリV8モデル、488GTBは3000万円オーバー)。

1990-ferrari-348-tb-2

アメリカで医師から押収したコレクションが競売に。フェラーリ、ランボルギーニほか希少車多数

アメリカにて、違法に大量の薬を処方していた医師2名から押収したスーパーカーがオークションに出品されることに。
これはいわゆる「官公庁オークション」となりますが、その車の内容が豪華だと話題に。

auction (3)

ざっとその内容を見てみると、フェラーリF430スパイダー、スパイカーC8、BMW M6、シェルビー・シリーズ1コンバーチブル、サリーンS7、ランボルギーニ・ディアブロVT、ランボルギーニ・ムルシエラゴ、マセラティ・グランツーリズモ、ベントレー・アルナージ、ベントレー・コンチネンタルGTGTC、ポルシェ911、SLS AMGロードスター/クーペ、シボレー・コルベット、アウディR8スパイダー、アストンマーティンDB9ヴォランテ、メルセデス・マクラーレンSLRなど。

auction (2)

なお画像を見ると何の車もカスタムされており、購入ばかりではなく購入後も相当にお金をかけていたことがわかりますね。

auction (1)

こういった「押収」についてはやはり税金がらみが多いように思われるものの、今回押収に至った経緯は不明。
ただ、21年の懲役刑を課されているとのことなので相当に重い罪を犯したことは間違いなさそうです。

ちなみにヤフオク!の官公庁オークション、自動車関連はこちら
ポルシェ、フェラーリ、レクサスなども結構ありますが(税務署がお金持ちから押収したりするケースもあるので当然か)、中にはバスや消防車、給食配送車といった変わり種も。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5