>ロールスロイス(Rolls-Royce)

サウジの王族向け。ワンオフのロールスロイス・ゴースト「レッド・ダイアモンド」公開

投稿日:2016/01/01 更新日:

Rolls-Royce-Ghost-Red-Diamond-Edition-1

ロールス・ロイスがサウジアラビアの王族向けにワンオフのゴースト「レッド・ダイアモンド」を製作。

文字通りレッドの外装と各所に用いられたダイアモンド(41個)が特徴ですが、まさに豪華の極み。
レッドのロールスロイスというとちょっと前にマカオのホテル王が注文したものが記憶に残りますが、そちらはレッド×ゴールドの外装に室内は白黒チェックというかなり派手なものでした。

その点、今回の「レッド・ダイアモンド・エディション」はかなりシックといえますね。

Rolls-Royce-Ghost-Red-Diamond-Edition-6

Rolls-Royce-Ghost-Red-Diamond-Edition-3

Rolls-Royce-Ghost-Red-Diamond-Edition-4

関連投稿:豪華絢爛。世界に一台のロールスロイス「ゴルフ・エディション」

Rolls-Royce-Ghost-Golf-Edition-2

11月のドバイ・モーターショーにて公開されたロールスロイス・ゴルフエディション。

ボディカラーはブルックランズ・グリーンとデザート・デューン。
これはもちろんゴルフコースのグリーンとバンカーをイメージしたものだそうです。

内装においても独特の仕上がりとなっており、ロールスロイスによると仕上げるまでに2年の歳月を要しているとのことで、タータンチェック(ホットスパーレッド)や複雑なモザイクを用いた木目(パーシモンウッドとマホガニー)が目を引きますね。

画像でもわかる通り、星空のごとく輝く有名なオプション「スターライトヘッドライナー」を装着しており、フロアマットはラムウール製。
後部にはピクニックテーブルを備え、スカッフプレートには「One of One」の文字が燦然と輝きます。

関連投稿:ロールスロイスが本物のダイヤモンドを塗装に使用した「ゴースト・エレガンス」を発表

先日「ライバルなし」と発言したロールスロイス。
自分たちよりも高級かつ幅の広いカスタムを行えるメーカーはないとしていますが、今回はダイヤモンドを塗装に用いた「ゴースト・エレガンス」を発表。
この塗装は「ダイアモンド・スターダスト」と命名され、粉末状に砕いたダイヤモンドを上塗りのクリア塗料に混入しているのが特徴。

工程は非常に特殊なもので、この塗装のみで通常の塗装より2日長くかかるとされ、他には21インチホイール、内装ではブラックとグレーレザーによるコンビカラーが特徴。
もちろんウッドやステッチにも贅が施されたれ浮いを見ない一台となっており、価値の高い一台となっています。
↓こんな感じで砕いたダイアモンドを使用しますが、実際に塗装に用いたときにどんな風になるのか一度でいいから見てみたいものですね。

なお塗装にこういった特殊な素材を混ぜるものとしては以前にマンソリーがダイアモンドを混入させたコーティングを提供しており、最近だと香港の実業家に納車されたロールスロイスのペイントにゴールドが混ぜられています。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5