>フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ(Lamborghini)

フランスにて、放置されたランボルギーニ・ウラッコが発見される

投稿日:2016/03/27 更新日:

900_o20348

フランスにて、放置されて埃をかぶったランボルギーニ・ウラッコ。
埃の量からすると数年といったレベルではなく、もしかするとウラッコが現役だった「当時」から放置していたのではと思えるほどですね。

過去にも911フラットノーズなど希少な車がフランスで放置されているのが見つかりましたが、今回は隣にフェラーリ・ディーノの姿もあり、他にも何台かあるということでけっこうな「発見」なのかもしれません。

追記:ご指摘いただいたところによると、画像の車両はマセラティ・メラクもしくはボーラではないか、とのこと。情報ありがとうございました。

せっかく情報を頂いたので調べてみると、こちらがランボルギーニ・ウラッコ。
フロントエンドの形状は一致しているようですが、フード上のルーバーがちょっと違うようです。

lambo+urraco1281600750

こちらはマセラティ・メラク。
ウラッコ同様のフロントエンド形状(先端中央がちょっと尖っている)ですが、フロントフード形状は一番上の(放置状態の)車両と一致しており、フロントフードの継ぎ目、バンパー下に取り付けられているフロントウインカーの構造も一致していますね。

なおこちらはマセラティ・ボーラ。
メラクとボーラのデザインはジウジアーロ、ウラッコはガンディーニとされています。

関連投稿:またまた放置されたスーパーカー。フランスにて、フェラーリ328

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前に25年間放置されたランボルギーニ・ミウラを紹介しましたが、今回はフェラーリ328。
フランスにて放置されている車両ですが、かなり長い間そのままにされているようで、埃をかぶっています。
盗まれることなく放置されているところを見ると、私有地の中なのでしょうね。

追記:こちらもご指摘をいただき、画像はフェラーリ328ではなく、「308」が正しい内容でした。フロントフェンダー上に放熱用のスリットがあること(328はここにスリットなはい)、フロントバンパーにウインカーが内蔵されていること(328だとウインカーは下にあるグリル内部に移動)、何よりドア上部に取り付けられている「縦型の」ドアハンドルから判断するに、どう見ても「308」のようです。大変勉強になり、ご指摘に感謝いたします。

関連投稿:ランボルギーニ・ウラッコの維持には相応の手間が必要。しかしその価値はある

ランボルギーニ・ウラッコ(1970)のオーナーさんによると「維持は大変だが、手間をかける価値はある」とのこと。
動画はこちらですが、非常にきれいな状態ですね。

00

フェラーリの限定モデルを購入できる条件のひとつに「クラシック・フェラーリの所有」があるという話がありますが、クラシックカーは考える以上に手間とお金がかかるもので、にもかかわらずクラシックカーを所有したり実際に乗っている、というのはその人が十分なお金と設備、情熱を持っているということの証明でもあると言えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >マセラティ(Maserati), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5