>アウディ(Audi)

カッコイイなコレ。オレンジとグレーのアウディR8が目撃される

投稿日:2016/04/12 更新日:

audi-r8-v10-plus-2015-c363204042016123548_1

ニュルブルックリンクで目撃された新型アウディR8。
グレーのボディカラーにオレンジのアクセントが使用されています。

フロントグリル、エアインテーク、ドアミラー、サイドブレード、リアウイングの他内装でもシートやメーターフード、ドアインナーハンドルなど。
グレーとオレンジは航空機でも用いられる組み合わせで(そのためミリタリーテイストの腕時計メーカー、ベル&ロスも好んで使用する)、かなり相性の良い色と言えます。

Cピラー、サイドブレードには「HOLLI」「53」のレターが入りますが、これが何を意味するのか不明。

audi-r8-v10-plus-2015-c363204042016123548_4

audi-r8-v10-plus-2015-c363204042016123548_2

audi-r8-v10-plus-2015-c363204042016123548_3

関連投稿:イケてるサイドグラフィックのアウディR8。純正形状を活かしたカラーリング

イエローというボディカラーも珍しいですが、サイドブレードにうまくグラフィックを配置したアウディR8。
ボエィカラーと黒い部分、そして「U」文字を上手に切り替えていますね。

audi-r8-c897006112015114308_6

関連投稿:アンダーグラウンド・レーシングがアウディR8のチューニングメニューを公開。最大で2200馬力までアップ

ur-2ndgen-audi-r8-tt-3

ガヤルドやウラカンのツインターボ化で有名なアンダーグラウンド・レーシングがアウディR8のチューニングメニューを公開。
全部で6段階あり、一番上のメニューではなんと2200馬力を発生します。

アウディR8 V10プラスは自然吸気5.2リッターエンジン(ランボルギーニ・ウラカンと同じ)を搭載しますが、そこへお馴染みツインターボをドッキング。
ステージ1では49000ドルでツインターボ化(800馬力)、59000ドルのステージ2では900馬力、69000ドルのステージ3では1000馬力。

一定以上のステージではレース用の燃料仕様が原則になりますが、2200馬力は常軌を逸したパワーと言えますね。
ただ、アンダーグラウンドレーシングは2009年頃からずっとランボルギーニV10のツインターボ化を手がけているので、それなりの実績と信頼性があるものと思われます。

ur-2ndgen-audi-r8-tt-2

ur-2ndgen-audi-r8-tt-1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f