>マクラーレン(McLaren)

これはナイスなカラーリング。マクラーレンがP1「ジェームス・ハント」仕様を公開

投稿日:2016/06/12 更新日:

マクラーレンがジェームス・ハントのF1優勝40周年を記念し、P1GTRの「ジェームス・ハント仕様」を製作してグッドウッド・フェスティバルに展示。

カラーリングはジェームズ・ハントのヘルメットをモチーフにブラックをベースにしたレッドとイエロー、ブルーというウェリントン・カレッジカラー。
グッドウッドではマクラーレンP1GTRプログラムの講師でもあるブルーノ・セナによってドライブされるそうです。

加えて、かねてより話題となっている「マクラーレンP1GTRのロードバージョン」も披露され、こちらはLanzanteによってレース専用から公道走行可能な仕様に改装された車ですが、マクラーレンより紹介されるとのことで、つまりは「マクラーレンのお墨付き」ということになるのでしょうね。

なおマクラーレンP1GTRは既に完売と伝えられますが、それでもこうやって新しい車両が出てくるのがちょっと不思議(もしかすると既にオーナーのいる車両をカスタムしているのかもしれない)。


関連投稿:ジュネーブでのマクラーレン。フルカーボンP1と675LTスパイダー

ジュネーブ・モーターショーでのマクラーレン。
予告通りフルカーボンのP1と675LTが展示されていますが、やはりフルカーボンのP1は美しいのひとことですね。

数千万円というプライスでオプションとして数台用意されたと言われますが、詳細は不明。

675LTスパイダーはクーペに続いて一瞬で完売してしまった人気モデルですが、発表時のゴールドのようなボディカラーではなくグレー(シケイン・グレー?)で再登場。
こちらもオプションのカーボンパーツを多数装着しているようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5