■そのほか車関連のネタなど ■駄文(日々考えること)

軽トラの運転には普通の車よりも高いスキルが要求される?軽トラについて考える

更新日:

nissan

ぼくは1年ほど、Z32フルチューンと軽トラを併用して乗っていた時期があります。
Zに比べると軽トラは異常に非力で、あまりに簡潔なつくりで、ステイタス性が低くて、とにかく車ヒエラルキーにおいては最下層に位置するのではないか、とさえ思えるほどの車。

かんたんな留め金を外すとシートが倒れ、その下に突然エンジンがあったり、バッテリーむき出しだったり、とにかくいろいろなことにショックを受けました。
バイクの延長というか、ラジコンカーが大きくなっただけというか、そういったイメージもありますが、とにかくある目的に特化して作られたのが「軽トラ」です。

その目的とは「経済的で、コンパクトで、モノを運べる」という目的ですね。
そこには通常の車では重要なキーワード「スポーツ」「高級感」が介在する余地はありません。
余計な色気がない、今の日本では非常に貴重な車種と言えます。
しかしながらぼくはやはり、こういったひとつの方向に突出した車が非常に好きで、やはりこの軽トラも好きでした。

エンジン非力、サス構造も積載性・コストを優先している(というかそれしか考えていない)ので不利、車としてのバランスも悪い車ですので、それなりに運転するのには車の特性を理解してあげる必要があります。
追い抜きや追越にも地形(坂道など)を利用したり、各ギアの守備範囲を憶えてシフトダウンするタイミングを判断したり(シフトダウンしないと本当に加速しない)、遅いので周囲に迷惑をかけないように注意を払ったり、今まで乗ってきた車では気づかなかったようなことをぼくに教えてくれた車でした。

とにかく車に対する愛情が必要というか、【ぼくと中古のスバル(「羊をめぐる冒険」だった?)】のようにお互いの信頼関係が重要というか、他の車に比べてドライバーの重要性が高いと思える車ですね。
そんなこと気にしなくても普通に走ることもできますが、「きちんと」走らせるには他の車よりも「車がドライバーに要求するスキル」が高い車種であると思いますし、車とドライバーとがより親密になる必要があります。



昔の話ですが、クーペ・フィアットが登場したとき、ヘッドライトカバーの形状が特殊だったので、あるジャーナリストがフィアットのえらい人に「洗車が大変そうですね」と言ったところ、そのフィアットのえらい人は「愛情があれば、そんなのはたいした問題ではない」と即座に返答したという話がありますが、きっと、フィアットのえらい人は「この人はなんでそんなことを気にするんだろう」と思ったかもしれません。

好きな車に乗るのに、そんなこと(ヘッドライトの形状に起因する手入れの面倒さ)はほんとうに些細なことであると、ぼくも考えます。
ぼく個人的には、愛情を感じない車には乗ることができませんし、どんな方向性であっても突出した車が好きですが、やはり人間においても平坦で特徴のない人より、なにか突出している人が好きです(美点でも、欠点であっても)。

そういった意味では「軽トラ」はなかなかに面白く、愛着のわく車であったといまさらながらに思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■そのほか車関連のネタなど, ■駄文(日々考えること)
-

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5