>その他アメリカ車

最高速度記録を持つ、寄せ集めで作ったビュイック・リビエラが競売に。予想価格は2000万円

更新日:

bombshell-betty-for-sale-1

6度の世界最高速度記録を更新した1952年製ビュイック・リビエラが競売に。
ニックネームは「ボムシェル・ベティ」でオールズモビル、シェビー・バン、フォード・サンダーバードなどから集めてきた外装に1950年モデルのビュイック・ロードマスターのエンジン、ボルグワーナー製T-10トランスミッションを搭載。

フランケンシュタイン的ルックスや無塗装のボディシェルが異常な迫力をかもし出していますが、車高も8インチダウンと地を這うようなスタイリングも特徴。
この車両は2009年のボンネヴィルにてXO/GCCクラスにおける速度記録を更新し、時速210キロをマーク。
2013年には266キロを記録しているそうですが、数年前まで現役、というのが驚きですね。
予想落札価格は2000万円程度とされますが、その価値は十分にありそうです。

bombshell-betty-for-sale-2

bombshell-betty-for-sale-3

bombshell-betty-for-sale-4

bombshell-betty-for-sale-5

関連投稿:速度記録を更新した1960年製「アバルト1000Bialbero」がはじめて競売に。予想落札価格は1.6億

1960-abarth-1000-bialbero-record-car-la-principessa

ペブルビーチにて開催されるオークションにて、「アバルト1000Bialbero」が出品される見込み。
ピニンファリーナ製の流麗なボディを身にまとい1960年にデビュー。
当時の最高速度記録を更新した車両とのことですが、落札価格は1億6000万円程度と見られています。

エンジンは1リッター4気筒(大排気量に頼らないところがアバルトらしい)、100馬力。
Cd値は0.2(テスラ・モデルSは0.24)、72時間走行の平均速度記録(時速116マイル)、1万キロ走行の速度平均記録(時速118.7マイル)を達成した、とのこと。

なお、このアバルト1000Bialberoがオークションに登場するのは今回がはじめて、とのことです。

1960-abarth-1000-bialbero-record-car-la-principessa (1)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他アメリカ車
-

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5