ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車 ■バイク(自転車/自動二輪)

一部で話題のカンナム・スパイダー。ドリフト許容モードを搭載(動画あり)

投稿日:2016/07/12 更新日:

 

スリーホイーラーの「カンナム・スパイダー」。
かなり特異なルックスですが、「スポーツモード」なるドライブモードを持ち、ドリフトやバーンアウトが出来る模様。
なおフォード・フォーカスにも「ドリフト・モード」が搭載され、最近では他いくつかのスポーツカーにはバーンアウトを許容する設定やドリフト許容設定がなされており、トラクションコントロールは「正確に駆動力を路面に伝える」から「安全に楽しく走れる」ように方向性が変化しているようですね。

当然ですが完全に駆動力をコントロール出来ないとドリフトの制御もできないわけで、これは技術の進歩がもたらした恩恵とも言えます。

カンナム・スパイダーについてもドリフトを行う様子が動画に収められていますが、なかなか面白そうですね。
価格は230万円くらいとのことで、エンジンは1330CC/115馬力。

動画を見ていると乗車姿勢について「状態が直立」すぎるように思われ、もっと前傾姿勢か、逆に(シートを低くして)ふんぞり返るような姿勢だともっと格好良いのに、と思います。
バイクは車体と人とのバランスが重要で、「バイクだけ見ると格好良いのに、人が乗るとイマイチ」なものもあり、色々と難しいなあ、と考えたりします。

https://www.youtube.com/watch?v=JSybpg0Ja60

関連投稿

これは楽しそう。究極のオフローダー、カンナム・マヴェリックX3が登場

アリエルが「アトム・ノマド」を発表していますが、似たようなカテゴリからカンナム・マヴェリックX3が登場。
900cc3気筒ターボエンジンを搭載し154馬力を発生し、パワーはクイックシフトを通じて4輪に分配。
0-100キロ加速を4.9秒で駆け抜けるという俊足ぶりです。

サスペンションのトラベルはフロント22インチ、リア24インチとレンジローバーも真っ青のレベル。
動画を見てもオフロードを自由自在に走り回っており、なんとも楽しそうな車ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車, ■バイク(自転車/自動二輪)
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5