ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>オランダの自動車メーカー

KTMクロスボウの生産が10000台に。同時にフェイスリフト版も発表

投稿日:2016/07/23 更新日:

| まさかクロスボウがこれほど長く生産されるとは |

「Ready to Race」がカンパニーポリシーの過激な会社、KTMが送り出すX-BOWの生産が1万台に達した模様。
これだけ過激な車が1万台も売れるのも驚きですが、実際のサイズはランボルギーニ・ガヤルドくらいとかなり大きなのにも驚きです。

なおフェイスリフト版は新形状のLEDデイライトが与えられるほかヘッドライト周辺の形状が変わり、よりアグレッシブな顔つきに。
その他ボディの各部の形状が見直され、全体的により攻撃的になっているように見えますね(同時に洗練されているようにも思える)。

アリエル・アトムやBAC MONOといったライバルが勢力を強めていることに対する懸念なのかX-BOW Rもアップデートを受け、出力は300馬力に。
なおエンジンはアウディ製2リッターターボで、ホンダ製を採用するアリエルとは差異のあるところ。
フェイスリフト版の発売は来年からだそうです。


関連投稿:KTMが全身カーボンの「X-Bowブラックエディション」発売。1200万円ナリ

ただでさえ過激この上ないKTMクロスボウですが、外装をすべてカーボンに置き換えた「ブラック・エディション」を発表。

エンジンフードやアンダーパネル、ホイールアーチなどとにかくカーボンを多用していることが特徴で、それでおよそ邦貨換算1200万円、というのは安いのかもしれません。
なお外装をカーボンに置き換えただけではなく、その名の通りいたるところまでグラックとなっており、エンブレムまでもブラックとされているのがインパクト大。

エンジンは2リッターターボで320馬力を発生。
トランスミッションはクイックシフトを装備し、ギア比もよりローギアードな設定となっているそうです。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->オランダの自動車メーカー
-

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5