>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >ポルシェ(Porsche)

え?狙ってやったん?メガーヌRSが制御を失ったポルシェ911に当ててコースに戻す動画

投稿日:2016/08/28 更新日:

| 意図的にやったとしたらこのドライバーは間違いなくスゴ腕 |

名称未設定-1

ニュルブルックリンクにて走行中、ポルシェ911がロストコントロール。
芝生の上に半分乗ってどうしようもない状態のところにルノー・メガーヌRSが通りかかり、わずかにポルシェのノーズにヒットしたところポルシェ911は見事にグリップを回復しています。

グリップを失うのも些細なきっかけであれば、立ち直るのもささいなきっかけ

かなり多くの車が走行しており、このままだとポルシェ911は反対側のガードレールに当たっていたり多重事故を引き起こしていた可能性もあると思いますが、もし狙ってやったのであれば(そうでなくても)メガーヌRSのドライバーはグッジョブですね。

関連投稿:ニュル走行中にロータスがスピン!しかし360度回転してもとどおりになる動画

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: lotus.jpg

ロータス・エリーゼがニュルブルクリンク走行中にスピンして360度回転。
あわや大惨事にというところですが、まさに「360度回転して」元の姿勢にもどり、多重事故にならずに済んだ動画。
ただし回転後にちょっとガードレールに接触してしまったようで、しかし追突などの可能性があったことに比べると「幸運」であったと言えるかもしれません。

なお(アクション系)映画では車が走行中にくるりと180度向きを変えてバックしながら追手に向かって発砲→追手を排除→また180度向きを変えて前進、というシーンを見ることがありますが、それに近い印象ですね。
さすがにこの動画では「元通りのラインで走行」とはゆかなかったようですが、上述の映画のような動きをするにはレース用のドグミッションが必要、と何かで読んだことがあります。

こういった動きで記憶に残る映画はシルベスター・スタローン主演の「コブラ」、そして「ワイルド・スピード・トーキョー・ドリフト」。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5