ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他の日本車

スバルが北米でリコール。アウトバックの製造において規定トルクでも締め付けができなかった模様

投稿日:2016/09/13 更新日:

スバルが北米で「アウトバック」をリコール。
内容としては「製造時に工場にて、右側のスタビライザークランプ、ホイールハブ、フロントブレーキキャリパーを規定トルクでの締め付け/取り付けができなかった」というもので、考えうる危険性として最悪の場合これらが緩み事故の可能性がある、というもの。

なお製造期間は6月20日から23日という短い間となっていますが、これはインドの製造工場で行員が発見したもの。
現在は原因が究明され、「誰が規定トルクで締め付けていなかったか」も判明しており問題はない、とのこと。

自動車においてはリコールの問題が常に付きまといますが、製造現場においてはこれを隠すのではなく、何らかの不具合を発見・報告した場合は評価につながるなどのシステムがあれば良さそうですね。
なおアメリカの航空機産業においては問題が発生したとしてもそれを報告した場合に罰せられることはなく、むしろ隠した方が重大な罪に問われる場合があるとのことで、この体制が「問題があればすぐに報告→改善」という体制につながっているとは言われますね。

そういった考え方もあり、不具合やその対処の方法については日本と温度差があるのかもしれません(そのためにかつてのトヨタや現在のタカタ、VWのディーゼル問題など必要以上に叩かれているのかもしれない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->その他の日本車
-,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5