「両脚を失っても希望は手放さない」。レース中に両足を失ったザナルディ氏がパラリンピックで金を獲得

2001年のCARTラウジッツリンクでの大クラッシュにて両足切断という重症を負ったアレックス・ザナルディ氏ですが、その後懸命のリハビリで義足を装着して歩けるようになるまで回復し、現在はパラリンピックで … 続きを読む 「両脚を失っても希望は手放さない」。レース中に両足を失ったザナルディ氏がパラリンピックで金を獲得