>フェラーリ(Ferrari)

【まとめ】スーパーカーの定番?フェラーリやランボルギーニほか、「車が燃える」事故特集

投稿日:2016/10/06 更新日:

レストアを終えたばかりのフェラーリF40が全焼。これは悲しすぎる事故

フルレストアが終了したばかりのフェラーリF40が燃えるという悲しいアクシデントが発生。
詳細は不明ですが、レストアを終えて走り出したところで燃えたとされており、オーナーにとってはあまりに辛い出来事ですね。

F40は燃料ラインが弱いともイグニッションコイルがウイークポイントだとも言われますが、以前にも整備を終えたばかりのランボルギーニ・ミウラが燃えた例もあり、整備を行っても完調になるとは限らないのが旧車の怖いところ。

フェラーリF40は1987年に発売され、累計で1311台が製造されたスペシャルモデルで最高時速は326キロとされ、プロダクションカーとしては初めて320キロの壁を超えた車でもあります。
エンジンは2.8リッターV8ツインターボで471馬力を発生。
ボディはカーボンファイバーを採用し重量1369キロと非常に軽量な車ですね。

問題解決せずか?ポルシェ911GT3RSがサーキット走行中に発火する

2016-porsche-911-gt3-rs-on-fire

ウルトラヴァイオレットのポルシェ911 GT3 RSが発火。
状況などは不明ですがサーキット走行中に燃えたようですね。

911GT3用のエンジンは問題を抱えており、それはもう解決したものと思われますが、またこうやって燃えるのはちょっと不安を感じます。
なお以前に911 GT3にてエンジン交換となったリコールの原因としては、「コネクティングロッドのボルトが緩み、そのままエンジンを回転させるとコネクティングロッドが異常振動してクランクケースを破損し、オイル漏れから火災に至る」ということですが、今回の原因がそれに該当するのかどうかは不明。

貴重なポルシェ911RSRが火事にて全焼。カリフォルニアにて

900_o20043

貴重なポルシェ911RSRはじめ356、その他空冷ポルシェが火事にて完全に燃えてしまうアクシデント。
保険に加入しているとは思いますが、お金だけで解決できるものではなく非常に残念な事案と言えます。

ポルシェ 911 火事 燃える Fire Porsche RSR

ポルシェ 911 火事 燃える Fire Porsche RSR

フェラーリF12が燃える。トルコにて(ドライバーは無事)

トルコにてフェラーリF12が炎上。
幸いドライバーは早い段階でこれに気づいて車を降り、消防署を呼んだためにダメージは最小で済んだ模様。
F12が燃えるのは珍しいですね。

192318492595754332

13491825822134034325

イギリスのガレージにてロールスロイス、ランボルギーニが燃える事件が発生

1396851924035529871

原因不明ながらもイギリスのガレージにてロールスロイス、ランボルギーニが燃える事件。
ウラカンは車体後部が燃えておりエンジンルームから発火の可能性がありますが、ロールスロイスはエンジンルームからの出荷ではなさそうです。

放火の可能性もあるそうですが、そうでなく車両が火災の原因であれば、ウラカンが発生源の可能性があるのかもしれませんね。

1396851924251963535

BMW i3が燃えるとこうなる。車であったことすらわからない模様

bmw-i3-fire-1

ガレージにて、BMWi3とBMW 328iが火災に巻き込まれ炎上。
328のほうはものコックを残していますが、i3のほうは完全に燃え尽きており、単なる残骸に。

i3はカーボンモノコックでできていますが、これはカーボンのシートを樹脂で固めたものなので、けっこう燃えやすいのでしょうね。
アルミ製のフレームのようなもの、そしてカーボンの繊維のようなものを残し、まさに「燃え尽きて」いる状態ですが、なかなかに恐ろしい光景ですね。

bmw-i3-fire-6

アヴェンタドールを預かった係員がハイになって暴走&アクセルを吹かす→案の定車が燃える

名称未設定-1

マイアミにて、バレー・サービスの係員がランボルギーニ・アヴェンタドールを預かったところ、車を駐車せずにそのあたりを走り回った挙句アクセルをふかし、その結果炎上するという「ありがち」な事件が発生。

過去にも似たような事例がありましたが、こういった事件を見てしまうと「バレーサービスには預けたくない」と思います。

やはり他人の教訓から人は学べず(他人に起こっている間は自分のことではない)、自身が経験しないと学べないのかもしれませんね。

https://www.youtube.com/watch?v=R2Swlt6jF7Y

中国にてフェラーリFFが燃える。中国メディアは「構造に原因」と報道

900_o20475

中国にてフェラーリFFが燃えるアクシデント。
車はゆっくりと走行していたところ燃え出したとのことですが、フロントからサイド、リアも燃えていて、しかし燃えているのは下半分のみ。

中国メディアは設計に問題があるとしていますが、フェラーリ458イタリア登場時は熱によってフェンダー内側の接着剤が溶け、それが揮発性であるために発火に至るというリコール案件がありましたね。

900_o20477

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5