>ポルシェ(Porsche)

メンテナンスに1000万以上かけたポルシェ959がネットオークションに登場。流石にネットでの購入は怖い

投稿日:2016/10/03 更新日:

1988年製のポルシェ959コンフォートがオークションに登場。
オンラインオークションでの販売ですが8000万円ほどまで価格が上がっており、おそらくはさらに上がるものと見られます。
走行距離は38,179マイルとかなり走っているものの程度は上々で、これまでの売買履歴、メンテナンス記録も付属するとのこと。

なお出品者によるとこのポルシェ959に今までかかったメンテナンス費用は1000万円を超えているそうで、やはり「959は維持費が高い」説が立証されることに。
この個体は1987年に製造された後にモナコのオーナーへと納車され、1988年には日本のインターオートへと売却(その後はアメリカへ)。
製造番号は212となり比較的モデルライフでは後の方に製造された車両でもあります。

新車当時のスペックは444馬力(2.85リッター6気筒ツインターボ)、0-100キロ加速は3.6秒、最高時速は313キロ。
当時は市販車として「史上最速」でしたが、28年経った今でもまだトップクラスのパフォーマンスを持っていることには驚きを禁じえません。

製造からすでに28年経過していること、構造が複雑なこと、維持費が非常に高価なことを考えると、いかに希少車を手に入れるチャンスとは言え、ネットオークションでこういった車を購入するのはちょっと怖いような気もしますね。

関連投稿:たぶん世界に一台?マットグレーのポルシェ959がパリにて目撃される

porsche-959-c154018052016004152_1

おそらくは世界に一台と思われる、マットグレーのポルシェ959。
959をカスタムする例は殆ど見られず純正のまま乗られていることが多いのですが、このマットは非常に珍しいですね。

ポルシェ959は1986年登場で2.9リッタツインターボエンジンを搭載するリアエンジン、4WDレイアウト。
450馬力を発生し0-100キロ加速は4.1秒と言われます。
「コンフォート」等いくつかのバリエーションがあるとされますが、トータルで283台が生産に。

ポルシェ959は価格もさることながらその点検費用やパーツの価格が尋常ではなく、ポルシェのロードカーにおいて「維持が非常に(金銭的な意味で)困難」とされる車でもあり、したがってポルシェ959に乗っている人は購入する財力に加え、メンテナンスにおいても潤沢な資金を確保している人、と言えるでしょう。

porsche-959-c154018052016004152_2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5