>ランボルギーニ(Lamborghini)

カウンタック風ウイング装着。DMCが1088馬力のランボルギーニ・ウラカンを公開

投稿日:2016/10/30 更新日:

DMCがランボルギーニ・ウラカン・スパイダーのコンプリートカー、「ウラカン・エディツィオーネ・スパイダー LP1088」を公開。
その数字の通り1088馬力を発生するモンスターですが、外観もフルエアロ化されています。

この「1088馬力」はツインターボ化によって獲得されたものですが、0-100キロ加速はなんと2.69秒。
ノーマルのウラカン・スパイダーのタイムが3.4秒、ポルシェ918スパイダーが2.8秒であることを考えると驚異的なタイムと言えそうです。

外観だとフロントバンパーを交換した上でカーボン製のリップを追加し、サイドウイングもカーボン製。
リアだとこれもやはりバンパー交換の上で(パーキングセンサーは純正を移植したのかブルー)バンパーと同じカーボン製のディフューザーを追加。

リアウイングも追加されていますが、これはカウンタックにインスパイされた形状とのことで、DMCの最新作ですね。
なおウイングのステーはDMCの紋章が透かし彫りされたデザインとなっています。

関連投稿:DMCウラカン(AFFARI)の詳細画像が公開。カーボンパーツは大迫力

2015年のジュネーブでの画像だそうですが、LambocarsがDMC AFFARI(DMCによるランボルギーニ・ウラカンLP610-4のコンプリートカー)の画像を公開。
カーボン製のフロントスプリッターやサイドウイング、リアウイングなどが特徴です。

そのほかリアディフューザー、エンジンフードやダクト周辺の加飾など様々なパーツが装着されていますね。


関連投稿:DMCがウラカン用新型エアロ発表。リアウイングはカウンタック風

DMCがジュネーブ・モーターショーにてランボルギーニ・ウラカン向けのエアロパーツを公開。
カーボンファイバー製で、形状はアヴェンタドールLP720-4アニヴェルサリオ風ですね。
ただしリアウイングは最近流行のGT3マシン風ではなく、ちょっとレトロなカウンタック風。

関連投稿:DMCのリアウイング「のみ」を装着したウラカン。これはこれでナイス

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com

DMCといえば派手なエアロパーツが有名ですが、これはそのDMCのリアウイングのみを装着したシンプルなウラカン。

ホイールもノーマル(オプションの鍛造ホイール)ですが、車高は落ちているようですね。
もともとスタイル・パッケージを装着しているようでフロントスプリッター等もグロスブラックとなっており、ブラックのリアウイング、追加されているガヤルド・ペルフォルマンテ風のストライプとの相性もなかなか。

タイヤにはレターが入りますが、これはけっこう目立っており、もとのタイヤのロゴ部分にホワイトを入れただけのようですね。
これは以前から一度はやってみたいと考えていたカスタムであり、一度バイクか何かで実験してみようと考えているところ。

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com

リアウイングの取り付け方法は独特で、車体とウイングとのステーとの接合部が他ブランドでは見られない形。
おそらくは車体の取り付け部(この部分は単なるカバー)をカットして車体のフレームに直接ステーを固定していると思われますが、やはりここは各社とも頭を悩ませるところなのでしょうね。

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com
関連投稿:これは新しいカラーリング。DMCランボルギーニ・ウラカン

今までに無いボディカラー(オレンジ?カッパー?)と色分けのランボルギーニ・ウラカン。
ブレーキキャリパーも同色ですね。

DMCランボルギーニのエアロパーツ(サイドステップ、リアバンパー、ディフューザー)を装着しており、フロントバンパーの一部やドアミラー、ルーフもブラックに。

とくにリアバンパーの塗り分けは新しく、なかなかにインパクトがあります。

関連投稿:DMCによるマクラーレンMP4-12Cのチューニングカー、Velocita GT

DMCが2013年に公開していたマクラーレンMP4-12Cのチューニングカー、Velocitaに”GT”エディションを追加。

サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングに加えてカーボン製のフロントスポイラー、カナード、ルーフ上のエアスクープが追加され、より一層レーシーに。
カナードはアヴェンタドールなど、同じくDMCのチューニングカーに取り付けられるのと同じタイプですね。

ホイールサイズは前後21インチでフロントは255幅、リアは355幅。
エキゾーストシステムはチタン製でECUチューンを行い660馬力へ(マクラーレンはECUチューンがほぼ不可能と聞いていましたが、ロックを解除できた?)。
これによって一気に650Sをも超える馬力に達していますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5