>ランボルギーニ(Lamborghini)

ネット上のウラカン/アヴェンタドール大集合。やはりラッピングは大人気

投稿日:2016/10/30 更新日:

h3

ネット上で拾ってきた、ランボルギーニ・ウラカンやアヴェンタドールの画像。
やはりラッピングは人気が高いようで、特に北米に多く見られるようです。
上の画像は「ラッピング中」のものと思われますが、イエローのボディカラーをマットブラックに仕上げているようですね。
相当に多くのパーツを外していますが、かなり手間のかかる作業であり、日本で行うとかなりな費用がかかりそうです(北米はラテンアメリカ系の安価な労働力を使える)。

グリーンにブラック/ホワイトのストライプ。

h6

よく画像を見かけるようになったウラカンの限定車「アヴィオ」。

詳細は不明ですが、ウラカンのミニカー。
品質を見るとミニチャンプスやルックスマートの類ではなく、ブラーゴあたりのようですね(ランボルギーニの正規ライセンス品っぽい)。

h2

こちらはマットブラックにレッド。
一概に「マット」と言ってもこの画像のような「完全なマット」と一番上の画像のような「サテンブラック」とがあり、サテンブラックの方が手入れが楽と言われます(ぼくのウラカンのフロント部のラッピングはサテンブラック)。

h5

ブラックにオレンジ。
おそらくは購入前からこのようなカラーリングにすることを想定し、ブレーキキャリパーやシートにオレンジを選んだのでしょうね。

h12

マットホワイトのウラカンに白いスーツに白いシューズ。

16

ずらりと並んだホワイトのウラカン、そしてアヴェンタドール。

h9

ちょっとミリタリーな感じもあるアヴェンタドール。

h15

こちらはレンダリングですが、ハードなオフロード仕様へコンバートされたリフトアップ・アヴェンタドール。

h13

ホワイトのボディにシンプルなイタリアン・トリコローレの入ったウラカンLP580-2。

スクリーンショット 2016-05-05 19.13.24のコピー

定番とも言える、サイドステップとフロントバンパー内左右エアインテークにラッピングが施されたウラカン。

スクリーンショット 2016-05-05 19.13.37のコピー

ヨン・オルソン風カモフラージュ三連発。

妙に派手なカラーリングのウラカン。
ホイールもナイスですね。

メタリックグレーにレッド、ブラックの組み合わせ。

スクリーンショット 2016-06-06 20.40.29のコピー

ランボルギーニ・ワルシャワ。

スクリーンショット 2016-06-06 20.40.39のコピー

マットブラックにホワイトとグロスブラックのストライプ。

スクリーンショット 2016-06-06 20.41.24のコピー

ホワイトにブラックのライン。

スクリーンショット 2016-06-06 20.42.24のコピー

ブラックとオレンジの使い方が面白いウラカン。
純正ホイールにもオレンジのラインが入っていますね。

スクリーンショット 2016-08-15 22.49.39のコピー

こちらはウラカンの限定車「アヴィオ」。
やはりシフターが作動しており、フロントのクリアランスが大きくなっています。

スクリーンショット 2016-08-15 22.50.12のコピー

こちらはウラカンではありませんが、ウラカンのテールランプを仕込んだカウンタック。
巨大なオーバーフェンダーも装着されていますね。
CGになりますが、「墓掘りのランボルギーニ」等を制作している人と思われます。

スクリーンショット 2016-08-15 22.50.39のコピー

ブラックにレッドのエステティックキット。
このカラーリングは初めて見ましたが、なかなか格好良いですね。
ブレーキキャリパーもレッドです。

マットな仕上げを持つゴールド?でラッピングされたウラカン。
ホイールも変更されていますね。

スクリーンショット 2016-08-15 22.49.50のコピー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5