>ランボルギーニ(Lamborghini)

ヨン・オルソンのウラカン「ウインター・トランスポーター」完成。以外と普通だった

投稿日:2016/10/31 更新日:

ヨン・オルソンの新しいウインター・トランスポーターが完成。
先般よりカスタムを重ねていた車両ですが、お馴染みルーフキャリアが特徴です。
ヨン・オルソンはこれまでもアウディRS6、ランボルギーニ・ガヤルド、ランボルギーニ・ムルシエラゴ、アウディR8、日産GT−R等をカスタムしてきていますが、ガヤルドあたりから路線が固定され、現在の雰囲気に落ち着いていますね。

なおStertmanモータースポーツによってエンジンはスーパーチャージャーで加給(スーパーチャージャー自体はVFエンジニアリング製)。
V10/5.2Lエンジンは610馬力から一気に800馬力にまでパワーアップしています。

ちなみにカスタム前はこの画像のように「全バラ」になっていたので完成状態は原型をとどめていないほどの状態になるかと期待していたのですが、意外に普通でちょっと拍子抜け(フェンダー幅は拡大されている模様)。

ヨン・オルソン本人は画像の通りイケメンで、住んでいる家もこの「ヨン・オルソン・カモフラージュ」に彩られるというこだわりようを見せています。

関連投稿:ヨン・オルソンが何かやるようだ。ウラカンの外装を分解してカスタム開始

プロスキーヤー、ヨン・オルソンがランボルギーニ・ウラカンのカスタムを開始。
ドアとルーフ以外の外装を分解し、「“Mega Lamborghini Huracán Project」と称した活動を公開しています。

外装を外したウラカンは妙に新鮮で、このまま走っても格好良いように思えますね。
すでに3Dスキャンを終えており外装はプリプレグによるカーボンパネルで再作成の予定。
ヨン・オルソンは今までも日産GT-R、ランボルギーニ・ムルシエラゴ/ガヤルド、アウディR8/RS6など様々な車をカスタムしてきており、独特の「ヨン・オルソン・かも」が特徴。

これは非常に人気があり、欧州ではアウディにヨン・オルソン・エディションが公式に設定されるなど広く認知されているようです。
また、ルーフにトランスポーター(ジェットパック)を載せるのも独特のスタイルですね。

ヨン・オルソンは「なぜかノーマルでは満足できないんだ。何かしなくちゃね」と語っており、それが彼の人生における原動力なのかもしれませんね。

なおヨン・オルソン本人がウラカン掲示板「HURACAN TALK」に降臨し、ウラカンに合うスキーボックスがあるかどうか、そしていまから作るカーボンボディのコストをシェアしないか、とウラカンオーナーに問いかけています。

画像でも分かる通りウラカンの内部は非常にぎっしりと詰まっており、クリアランスがない状態。
とにかく分解するには骨が折れる車で、よくこんなものを組み立てたなあと関心するほどです。

加えて構造が特殊なのもウラカンの特徴で、通常であればマフラーエンドはエキゾーストパイプに「被せてあるだけ」なのでボルト一本でポンと外れるのですが、ウラカンでは不画像の通り「リアバンパーにテールパイプが装着」されています。
ガヤルドではエキゾーストパイプとテールパイプがそもそも一体化して外れなかったり、とかなり特殊な構造を採用していますね。

ランボルギーニは今やアウディファミリーではありますが、「アウディと一緒」と思うと意外なところでしっぺ返しを食らうのが面白く、たとえアウディグループと言えども「ランボルギーニはランボルギーニ」と言って良いでしょうね。

関連投稿:ユーチューバー、ヨン・オルソンに会いにゆく。カスタムされたウラカンとランデブー走行

ユーチューバーがヨン・オルソンに会いにゆき、「ヨン・オルソン・カモ」ラッピングが施されたウラカンとランデブーする動画。
自身はクロームラッピングのロータスに乗っており、快音を轟かせて走る様子がわかります。
このウラカンは800馬力以上を発生するカスタムカーで、ちょっとわかりにくいですがワイドボディキットが装着されています。

ヨン・オルソン自身はプロのスキー選手ですが、職業上雪山を移動することがあり、これまでもランボルギーニ・ムルシエラゴ、ランボルギーニ・ガヤルド、アウディR8、アウディRS6、日産R35GT-Rなどを選んでいます。
いずれもこのブラックとグレー、そして角ばったグラフィックを持つ「ヨン・オルソン・カモ」が施されており、氏のひとつのアイデンテティとも言えますね。

なおヨン・オルソンは自身でもウラカンの動画を公開しており、そのアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムのサウンドや、ルーフ上のボックスに実際にものを積む様子も確認することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5