>フェラーリ(Ferrari)

希少なフェラーリ250GTがオークションに登場予定。予想では13億円の落札価格

投稿日:2016/12/23 更新日:

またまた希少なフェラーリがオークションに登場予定。
今回は「フェラーリ250GT SWBベルリネッタ」で、176台のみが生産された貴重な車です。
この車両は1961年製で「ルッソ」エクステリア・パッケージを装備。
これは快適装備が主なものでアルミ製のフード、デッキリッド、開閉可能なウインドウ、フェンダーやルーフのエアベントなど。

「SW」の名称の通りショートホイールベースとなっており、その経歴はイタリアのカーコレクターに販売されるところからスタート。
その後はアメリカのコレクターに販売され、1980年代になって再びヨーロッパに戻っています。

2015年にはフルレストアを受け、その後はコンコルソ・イタリアーノ、フェラーリ・クラブ・オブ・アメリカ開催のイベントなどで賞を獲得した、とのこと。

スタイリングについては美しいの一言ですが、近年のウエッジシェイプを持つフェラーリを見慣れているためか「これがフェラーリ」と言われてもなかなかしっくり来ず、それはランボルギーニにおける350GTも同様かもしれません。

なお今回の予想落札価格については当然ながら10億円を超え、12億円に迫るのでは、と見られています。


関連投稿:フェラーリ250にシボレーV8とヴァイパーのトランスミッションを搭載した男が現る

名称未設定-1

まさにアメリカ。
貴重なフェラーリ250にシボレー製DZ302 V8エンジン、ヴァイパーのトランスミッションを搭載した男が登場。
なお、ボディカラーは三菱純正色とのこと。

フェラーリ純正として残るのはボディとバッジくらいとのことですが、よくここまで思い切った改造ができるのものだと思います。

生粋のフェラーリファンが見たら噴飯ものだとは思いますが、そのカスタムからはフェラーリに対する敬意のようなものも感じられますし(美しいボディラインは破壊されていない)、素晴らしい仕事だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5