>ポルシェ911関連

今日はオレが「最悪のオプション」を紹介するぜ。ユーチューバーが911GT3RSのアレを動画で解説

投稿日:2016/12/24 更新日:

ユーチューバーが「過去最悪のオプション」としてポルシェ911GT3RSに用意される「センターロックホイール」を紹介。
センターロックホイールはポルシェだとGT系、ランボルギーニではアヴェンタドールやウラカンにもオプションで用意されるものですが、その精度、重量バランス(中央に重量物が集中する)、軽量性において効果を発揮するもの。

加えてレースにおいては「ホイール交換を素早くできる」というメリットもあるものの、ユーチューバーはこれが逆にストリートカーにおいては障壁となっている、と指摘。
その理由がこれ。
スナイパーのライフルのようなケースに入った「トルクレンチ」です。

レースだとエアツールでガーっと外したり締めたりできるのですが、一般人だとそういったツールはなく、逆に普通のホイールボルトよりも面倒なことに。
とりあえずレンチを組み立てますが、人でも殺せそうなサイズ。

さらにはセンターロック用のカップを装着し、こんな感じでホイールにセット。
これはやはり一般人には敷居が高そうです。

関連投稿:ランボルギーニ・ウラカンにセンターロックホイールが設定。ペルフォルマンテと共用?

ランボルギーニ・ウラカンにセンターロックホイールがオプションとして登場。
すでにアヴェンタドールには設定されているものですが、おそらくウラカン・スーパーレッジェーラに標準装備もしくはオプション設定されるものと思われ、スーパーレッジェーラ登場に合わせてのオプション発表なのでしょうね。
※名称は「スーパーレッジェーラ」と見られていたものの「ペルフォルマンテ」に決定
なおデザインはスーパートロフェオをモチーフとしており、デザイン性よりも機能性を重視しているように思います。

なお現在のところ価格については未調査ですが、アヴェンタドール用のものが200万円くらい(フロント20、リア21インチ)なので、前後20インチサイズのウラカン用は180万円くらいなのかもしれません。
なお、ホイールだけではなくハブごと入れ替えるので工賃もそれなりにかかる模様(20万円くらい?)
新車購入の際に選択できるのであれば、鍛造ホイールとの価格差はそこまで大きくないと考えられ、人気オプションになるかもですね。

なお、大物オプションとしては「エステキット(エステティック・パッケージ)」としてドアミラーとストライプとのセットがあり、これはグロスブラック、マットブラック、レッドが選択でき、パーツのみで24万円ほど。
他にミラー交換やストライプ貼り付け工賃が必要になります。
このストライプはパネルの内側まで巻き込むタイプで仕上がりが美しく(ポルシェのストライプはパネルの継ぎ目手前でカットされている)、施工にもかなりの技術と時間を要しそうです。

その他、フロントスプリッター、サイドスカート、リアウイング、リアディフューザーがセットになったエアロキットもすでに発表されており、これは工賃込みで330万円くらい。
他にもスポーツエキゾースト等が設定されており、ウラカンのオプションは相当数にのぼってきましたね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5