>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M2カスタムに新手のチューナーが登場。401馬力+カーボン外装

更新日:

BMW M2は既存チューナーに大人気ですが、さらに新手のチューナーとチューニングカーが登場。
イギリスを拠点とするエボルブ・オートモーティブがM2 "GTS"として公開したものですが、GTSの名に恥じないハードコアな仕様となっています。

カーボンファイバーを多用したボディキットが外観上の特徴となりますが、全体的にノーマルの形状を誇張したようなデザインとなっており、見るからにマッシブ。
カーボンパーツはフロントスポイラー、ボンネット、ルーフ、角度調整式ウイングなどに見られ、実際に重量軽減に貢献している、とのこと。
なおサスペンションも変更され、車高もしっかり落とされています。

肝心のエンジンについても抜かりはなく3リッター直6エンジンは401馬力を発生(ノーマルは365馬力)。
これはECU、エアインテークとエキゾーストシステムの変更によって達成されているそうです。

外装はカーボン製なのでかなり高価だと思われますが、パワーアップに関しては比較的ライトな内容になっており(タービンやインジェクターなどを変更していない)、比較的安価かもしれませんね。

関連投稿:無ければ作ればいいじゃない。スイスのチューナーがBMW M2”カブリオレ”を勝手に制作

BMWはそのハードコアモデル「M2」についてコンバーチブルを作らないとしており、これは「カブリオレにするにはあまりにスパルタンだから」という理由。
そこで「無ければ作ればいいじゃない」とばかりにスイスのチューナー、Dählerデザインが「M2カブリオレ」を制作しています。

ただしM2のルーフを叩き切ったものではなく、すでに存在する2シリーズカブリオレをM2風に仕立て上げるという手法を採用しており、エンジン出力は402馬力(ステージⅠ)と419馬力(ステージⅡ)。
ステージⅡでは0-100キロ加速4秒フラット、最高時速300キロというパフォーマンスを発揮するに至りますが、スタンダードのM2(365馬力)顔負けのパフォーマンス。

エキゾーストシステムは専用のステンレス製に置き換えられ、ブレーキシステムもより容量が大きなものに。
サスペンションも伸び/縮み側を個別に調整できるように変更されています。
内装はほぼノーマルのままですが、パフォーマンスをチェックできるディスプレイが追加されている、とのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5