>アウディ(Audi)

ドイツの内装チューナーがアウディR8の内装をカスタム。名付けて「ブルーサンダー」

更新日:

ドイツにて、内装カスタムを専門に行うNeidfaktorが、アウディR8の内装をカスタムし公開。
ブルーをアクセントに用いており「ブルーサンダープロジェクト」と名付けられ遂行されたようですが、内装をほぼ張り替えるほどの大工事となっています。

ドア内張りもブルーのアルカンタラ(キルティング)とブルーのステッチを持つブラックレザーに。

ニーレスト、シフトノブも貼替え。

ステアリングホイールも貼替え+形状変更、さらにスポークをペイント。

こちらはステアリングホイールのアップですが、これを見るとカーボンのように見える部分はカーボンではなく「カーボン柄」の模様。
他にもパドル、センターコンソール、シートバックなどカーボンのように見える部分は「カーボン調」のようですね(これだけお金がかかっていそうなのに、ちょっともったいないような気もする)。

ほかメーターフード、パドルなど。
パドルのカーボン柄にはブルーが入っていますね。

シート下部分の樹脂部分もアルカンターラ張りに。
スイッチのある部分もカーボン柄になっていますね。
この部分はほぼランボルギーニ・ウラカンと共通ではありますが、ウラカンの場合はスイッチ含めて「全部樹脂」なのでちょっと高級感を損なっている、といつも感じる部分です。


関連投稿:マットカラーのラッピングに豪華内装。VILNERによるアウディR8


VILNERによるアウディR8。
外装はマットカラーのラッピングにPURデザインのホイールへ換装、といったところですが内装にはかなり手が入っています。
ブラックとベージュのナッパレザーを使用して総張替え、シートの樹脂部分はブラックのアルカンターラで覆われており、かなりコストがかかっていそうですね。
VILNER自体はブルガリアに拠点を構えるそうですが、このR8はイギリスから持ち込まれたものだそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5