●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMW i3の修理伝票がけっこうな量に。すでに保管場所から溢れている件

投稿日:2017/01/15 更新日:

ぼくは今まで所有してきた車や所有している車について、関連する書類を一台につき一冊のファイルに保管しています。
見積もりや契約書、カタログ(入るのであれば)、取り付けたオプションや社外品のカタログ/説明書や作業伝票、税金などの領収書、その他もろもろ。

売却した後、数年経った際に気がつけばそれらはすべて破棄していますが、新しい車を買う時に何らかの比較を行う可能性もあり、売却してもすぐには捨てずに保管するようにしています。
もちろんi3も専用のファイルがあるのですが、i3の場合は修理の回数がやたら多く、そのために作業伝票がたくさん集まり、納車から2年も経っていないのにすでにファイルがパンパン(他の車は1/3にも満たないくらい)。
そのためi3については「増冊」しなくては、という感じです。

なお過去の車の見積もりや契約書、ローンを組んだ時の記録は後に見るとけっこう参考になることがあり、オプションやメンテナンスにかかった価格/それらのインターバル、オイルの銘柄など有用な情報も(検査時のアライメントの数値なども)。
よって、今後は捨てる前にすべてデジタル化して置いておこう、と思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5