>マツダ(MAZDA) >その他ポルシェ関連/ニュース

ガルフ、マルティニ、ロスマンズ他。ル・マンのレースカーのカラーをF1に反映させたら?

投稿日:2017/01/15 更新日:

有名な過去のレースカーのカラーリングをF1マシンに反映させたら?というレンダリングが登場。
ル・マンに登場したレースカーがモチーフになっており、そのため(ル・マンに多く出場した)ポルシェに用いられたカラーがメインにはなっていますが、それでも様々なカラーリングのF1マシンができあがっています。
まず上は有名な「ピンク・ピッグ」。

もとは1971年のル・マンに参戦したポルシェ917/20に採用されていたカラーリングですが、この917/20はそれまでの917LH、917Kに比べるとずんぐりとしたスタイルで、スポンサーだったマルティニが自社のイメージを考慮して「車体にマルティニのロゴやカラーを入れるな」と指示。
そこでポルシェが(皮肉からか)豚を連想させるピンクにペイントし、さらに「豚」と分かるように肉の部位を点線と文字(ドイツ語)で示した有名なレースカーでもありますね。
ある意味もっとも有名な917で、ポルシェ・ミュージアムにおいても高い人気を誇る一台。

ポルシェというと「お硬い」イメージがありますが、先日のアウディに対する「お返し」といい、意外と面白いことやるじゃない、と思わせる車でもありますね(皮肉を感じさせるが、余裕のあるお返しでもある)。

関連投稿
アウディのル・マン撤退にポルシェが「お返し」。2年前にアウディが公開した動画への雪辱だ

こちらはガルフカラー。

チャージ・マツダ(787B)。

ピンクピッグと同じ「917」で有名なマルティニ。

ロスマンズ。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5