>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWアブダビがカスタムされたM2/M3展示。M3は「フェラーリレッド」

投稿日:2017/01/17 更新日:

BMWアブダビが純正オプションでカスタムしたM3/M2を展示。
このM3はコンペティションパッケージを装着していますが、最大の特徴は「フェラーリレッド」のボディカラー。
なおこの「フェラーリレッド」はBMWのカスタムプラン、「インディビデュアル」にラインアップされているとのこと(ちなみにフェラーリには”フェラーリレッド”というボディカラーはない)。

コンペティションパッケージによって+19馬力の450馬力まで出力が向上しているほか、ドライブモードをリセッティング。
その他アダプティブMサスペンションの採用、LSD/スタビリティコントロールのチューニング、前後20インチサイズのタイヤ/ホイール、スポーツエキゾースト、グロスブラックのトリムやキドニーグリル、スポーツシートが装着され、日本でのパッケージ価格は981,000円。

今回のM3は、このコンペティションパッケージに加えてカーボンセラミックブレーキ、エアロダイナミック・ボディキットも装着済みとなっています。

なおエキゾーストシステムはアクラポヴィッチ。

一方こちらはM2ですが、Mパフォーマンスによるオプションが「全部入り」状態。

Mパフォーマンス・エアロダイナミック・キット、Mストライプ、カーボン製のサイドミラーキャップ/トランクリッドスポイラー、サイドスカート、フロントリップ、アクラポヴィッチ製エキゾーストシステム、キドニーグリル・サラウンドなどが装着されています。

なおこのエキゾーストシステムは9馬力のパワーアップと5.3キロの軽量化を実現する、とのこと。

室内においてもカスタムパーツ満載で、カーボンパーツを各部に装着。
その他スポーツステアリングホイール、アルカンタラ仕上げなどのオプションも追加されています。

関連投稿:BMWロサンゼルスにて、世界に一台「ミントグリーン」のM3が展示中

BMWロサンゼルスにて、ミントグリーンのBMW M3。
これまでにもBMWアブダビがジャバ・グリーンのBMWを公開していますが、ミント・グリーンは(BMWでなくとも)非常に珍しいと思います。
これは顧客のオーダーではなく、BMWのロサンゼルスのクリス・マリーノさんが販売用に特注したものだそうですが、こうやって画像が世界中に拡散しており、プロモーション効果は確実にあったと言えそうですね。

なおこういった珍しいボディカラーついて、通常はなかなか顧客からオーダーを受けることはないと思いますが、いずれのディーラーでもよく聞かれるのが「変わった色の車を置いておくとショールームへの客が増える」。
加えて、目立つ色だと比較的すぐに売れてしまうそうで、こういった色は「実際に目にしないとイメージが湧かないので新規に(顧客が)オーダーするのは難しいものの、そこにおいてあると(その色に)惹かれた人が買ってゆく」たぐいの色なのだろう、と思います。

ちなみに「ミントグリーン」のM3は世界にこの一台だけだそうで、Mパフォーマンス製のパーツも多数装着されており、「波長が合う人にとっては」いい選択だと言えそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5