>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

未だ謎だらけ。AMGのハイパーカー、「プロジェクト・ワン」はこうなる?というレンダリング登場

投稿日:2017/01/24 更新日:

AMGによるハイパーカー、R50改め「プロジェクト・ワン」はこうなる?というレンダリングが登場。
AMGによって公開されたサイドのシルエット、CESのプレゼンに登場したリアビューをベースに作成していますが、少ない情報の中からうまく形にしたなあ、という印象ですね。

今までに公開されている画像ではフロント部のデザインはまったくわからず、F1風の尖ったものとなるのか、LMP1クラス風のズドンと切り立ったものとなるのかは不明(レンダリングでは後者っぽい?)。

ただしメルセデスはル・マンとはあまり縁がなく、今回はF1直系の技術を採用しているということから、やはりF1風のデザインになるんじゃないかとは考えています(一方でコクピットはクローズドということからLMP1レーサー風にならざるを得ず、それとどうデザイン的整合性を取るかという問題はありますが)。

反面、先のフェイスリフトにおいてメルセデスAMG GTはクラシカルな「パンアメリカーナ・グリル」に変更されており、このイメージをAMGの「顔」とするならば、このいかついグリルを新型ハイパーカーに採用する可能性もまた高いのかもしれません。

現在わかっている情報は下記のとおりですが、まだまだ謎の多い車ですね。

・限定台数は200-300台
・すでに売り切れに近いステータス
・F1のパワートレーン(1.6リッターターボ+KERS)仕様
・出力は1000馬力以上
・公道走行可能
・4WD(フロントをモーターで駆動、トルクベクタリング装備)
・カーボンモノコックシャシー使用
・エレクトリックモードでの走行可能距離は25キロ程度
・価格は2億5000万円くらい
関連投稿:メルセデスAMGのハイパーカー「プロジェクト1」は2.7億。公式に語られる

メルセデスAMGのハイパーカー、「プロジェクト1」ですが、この価格が240万ドル(約2億7000万円)となることが判明。
これはジュネーブ・モーターショー開催中にAMGのボスがメディアに対して語ったものとされ、約3億円のブガッティ・シロンよりはちょっと安い価格。

このプロジェクト1について、F1直系のテクノロジーを採用することがすでに明らかにされており、核となるのは11,000回転を許容する1.6リッターターボエンジン。
ちなみにエンジンの寿命は「5万キロ」とされ、かかるコストもF1並と考えても良いかもしれません。

これにKERS同様のハイブリッドを積むことになりますが、使用されるバッテリーは「世界で最も高価なバッテリーセル」ということも明かされていますね。
この高密度なバッテリーセルのおかげで車体重量は1000キロを切ると言われ、最終出力次第ではパワーウエイトレシオ「1」を切る可能性も。

なお最近のハイパーカーにおいてはおおよそ3億円前後が多いように思われるものの、このメルセデスAMGプロジェクト1はそのコストをほぼ「走り」につぎ込んでいると思われ、反面ブガッティ・シロンはコストのうちいくばくかを「高級な仕上げ」に割いており、その方向性はメーカーによって異なります(ケーニグセグ、パガーニもまた独自の方向性を持つ)。

その意味ではスポーツカー、スーパーカー、ハイパーカーの価値判断基準が「速さ」以外にも考慮されるようになってきているということになり、今後もその選択肢は増えそうですね。

関連投稿:メルセデスAMGのハイパーカー、「プロジェクト1」はガルウイング採用。デザイン部門のボス語る

AMGが開発中のハイパーカー「プロジェクト1」について、メルセデス・ベンツのデザイン部門責任者が「ガルウイングドア採用」とメディアに語った模様。
メルセデス・ベンツにとって「ガルウイング」は一つのアイコンで、300SLに採用されたのがそのルーツ。
SLS AMGにもガルウイングドアが採用されますが、もちろん300SLへのオマージュですね。

現在プロジェクト1についてはわかっていることは少なく、パワートレーンにF1由来のものを使用すること、価格は2億5000万円程度になるであろうこと、すでに完売していること、エンジンの安全マージンが少なく耐久性が一般的な市販車に比べると短いであろうこと、など。

デザインについてはもっと情報が少なく、いくつか公開された画像からしかその姿を想像することができませんが、おそらくはLMP1クラスのレーシングカーのような(トヨタTS050ハイブリッドやポルシェ919ハイブリッドのような)小さなコクピットを備え、そこにガルウイングドアを装備するのでしょうね。

なお「上に開くドア」は総合して「ガルウイング」と語られることがありますが、正確に表現するならば「ガルウイング」は300SLのように横方向から上に開くドアのこと(ガル=カモメの翼のように)。

マクラーレンのように前方に開くドアは「ディヘドラルドア」、

maclaren 650S movie マクラーレン 動画 電気ショック

ランボルギーニのように上に開くものは「シザースドア」、

ライカン・ハイパースポーツやケン・オクヤマKode57のように後ろに開くものは「バンザイ・ドア」と呼ばれます(これはケン・オクヤマ氏命名)。

関連投稿:アメリカにてハイパーカー「AMGプロジェクト1」受付終了。これから販売対象を選考開始

メルセデスAMGが発売するハイパーカー「プロジェクト1」ですが、アメリカ向けの限定台数が「完売」となった模様。
これはメルセデス・ベンツのプロダクトマネージャーがニューヨーク・モーターショー開催期間中にメディアに対して語ったもので、アメリカ市場において「プロジェクト1の購入希望者受付を終了」したとし、これから「誰に販売するか」の選定を開始する、とのこと。

これはフォードが「新型GT」で採用した方法とよく似ており、フォードの場合は広く一般に購入希望を募っていますね。
なお、応募にあたってはその熱意を重視するとフォードは公言し、「ガレージにコレクションアイテムとして保管せず、実際に乗って楽しむ人に販売したい」とも。

しかしながら実際に当選したのは有名人や旧フォードGT系オーナーばかりで、選考に「バイアス」がかなりあったのでは、とも言われます。
もちろん選考にバイアスがかかるのは当然なのですが、最初に「公平性」を強調したのがマズかったのかもしれません。

今回のメルセデスAMGプロジェクト1について、知る限りでは広く一般に購入希望を受け付けておらず、応募自体もかなり絞っているのだと思いますが、そこからさらに「メルセデス・ベンツの基準で」対象を絞る、ということになりますね。

なおこの基準はメーカーによって様々で、しかし「これまでも同ブランドの車を購入/保有」「すぐに転売しない」というのは共通して重要な要素ではあるようです。

関連投稿:メルセデス・ベンツが公開した画像に偶然「プロジェクト・ワン」が紛れていると話題に

メルセデス・ベンツがそのデザインプロセスを紹介する動画を公開していますが、その中にAMGハイパーカー「プロジェクト・ワン」が紛れ込んでいるのでは?と話題に。
現在メルセデス・ベンツは世界に5箇所の「アドバンスト・デザイン・センター」を持っており、最近だとコンセプトIAやヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6などのコンセプトカーのデザインを担当。

今回おおよそ100枚ほどの画像をリリースしているのですが、その中に写った一台が「プロジェクト・ワンではないか」と言われているわけですね。
前後フェンダーやコクピットのシルエットがプロジェクト・ワンに確かによく似ており、何らかの関連性がある、もしくは開発途中のプロジェクト・ワンではないかと噂になっていて、しかしリアセクションのデザインなど幾つかの相違があるのも事実。

リアセクションについては二本のラインがありますが、先に公開されたプロジェクト・ワンと思われる画像だとこれは「一本」。
さらにはテールランプ付近にも差異があり、リアは似ているとも似ていないとも言えないところですね。

なおこちらは今までに公開されたオフィシャル画像。
「なんとも」判断が難しそうです。


関連投稿:メルセデスAMG「プロジェクト1」の予想CGが追加で登場。けっこう「ありそう」なデザイン

メルセデスAMGが開発を進めるハイパーカー「プロジェクト1」ですが、おそらくは今年秋のフランクフルト・モーターショーにて発表。
すでにそのシルエット、一部のディティールが公開され、F1のパワートレーンをそのまま流用し、まんま「公道を走るF1」になる、ということも判明。
そのためにややデリケートであること、エンジンの耐久性(寿命)がロードカー用エンジンに比べて低い、とも報じられていますね(市販車のような安全マージンが少なく、フールプルーフでもないと思われる)。

今のところ外観デザインなどはほぼわからず、しかしこれまでの情報をもとに作成した予想CGも幾つか公開され、今回もまた新たな一枚が公開に。
かなり現実的な形状を持ち、そして現行メルセデスAMGのデザイン言語が反映されており、「けっこうありそう」なレンダリングだと思います。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5