>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが「ヴァンキッシュSヴォランテ」発表。世界一美しいオープンモデルか

投稿日:2017/01/27 更新日:

アストンマーティンがヴァンキッシュSのオープンモデル、ヴァンキッシュS”ヴォランテ”を発表(アストンマーティンは伝統的にオープンカーを”ヴォランテ”と呼ぶ。ロールスロイスが”ドロップヘッド”と呼ぶのと同じ)。
昨年発表されたヴァンキッシュS同様に5.9リッターV12エンジンを搭載し出力は594馬力、トランスミッションはトッチトロニックⅢとなっています。

外装もクーペと同様にカーボン製のフロントスプリッター、リアディフューザーが特徴となっており、ホイールデザインも同じ。
ただし画像のみで判断するとヴァンキッシュSクーペのテールパイプはマット、ヴァンキッシュSヴォランテのそれはグロス(光沢)ブラックのようにも見えますね。

シートのステッチもヴァンキッシュSクーペ同様で、センターコンソールの「サテンチョップド・カーボンファイバー」もクーペと同じ。

ただしリアフェンダーの盛り上がりはオープンとなったせいかクーペよりも「目立つ」ように思われ、ここまでリアがマッシブなオープンカーも珍しいですね。

アストンマーティンはどのモデルでもそうですが、画像(写真)よりも実物のほうがずっと格好良く、実車はため息が出るほど美しい、と思います。

凄いなコレ。アストンマーティンがヴァンキッシュのファイナルモデル、「バンキッシュS」を発表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5