ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アルファロメオ/アバルト

アルファロメオ8C後継、「18C」のレンダリング登場。過去と未来の融合したナイスなデザイン

投稿日:2017/02/12 更新日:

自動車デザイナー、Antonio Puglia氏がアルファロメオのフラッグシップとなるスポーツカーのレンダリングを公開。
アルファロメオは現在8Cの後継を計画しておらず、ジュリアよりも上のスポーツカーが不在になりますが、やはりブランドイメージを牽引するスタイリッシュなクーペが欲しいところ。

今回公開されたレンダリングは「C18コンセプト」と命名され、C8の後継(を想定した)であろうことがわかります。
エンジンはフロントに搭載される設定ですが、面白いのはウインドウ類が「全閉」になっているということ。

おそらくは車内のスクリーンに外の風景が投影されるのだと思われますが、360度投影が可能であれば死角がないことになりますし、夜間でもカメラで解析した明るい映像を映し出すことが可能になり、何より「視力」の強弱に関係なく視界を確保できることになります(最低限スクリーンを見ることができる視力は必要ですが)。

灯火類はLED。
フロントグリルも発光しており、なかなかに光り方もスタイリッシュ。

未来的な中にもクラシックさがあり、非常に魅力的なレンダリングですね。

車体後半はカラーが変わっているだけではなく何やら立体的な塗装?を持っており、何らかの機能を想定しているのかも。
「スパイダーマン」に出てきたヴェノムみたいですね。

リアもアルファロメオのエンブレムが発光するデザインになっています。

関連投稿

新型アルファロメオ・スパイダーが登場するとこうなる?というレンダリング

次期アルファロメオ・スパイダーが登場するとこうなる?というレンダリング。
最近のFCAグループの特徴を良く捉えており、マセラティ・アルフィエリっぽさも見えますね。

実際にスパイダーの新型が登場するかどうかは不透明で、特に最近は資金的に苦しいという噂が囁かれたりジュリアの発売が延期されるなど明るいニュースがないだけに、次期モデルの登場まではしばらく待たないといけないかもしれません。

1950年代のテイストを現代に甦らせたアルファロメオ「トリオンフォ」コンセプトの画像が公開に

デザイナー、Sebastiano Ciarcjà氏による「アルファロメオ・トリオンフォ(英語だとトライアンフ)」。
アルファロメオの過去の偉業をたたえてデザインされたものですが、過去のレースカー(特に1952年のディスコボランテ)などの印象を色濃く反映させたことが特徴。

一つの決定案を作るために非常に多くのデザインが作成されていますが、どれも甲乙つけがたいデザインだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->アルファロメオ/アバルト
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5