>フェラーリ(Ferrari)

珍しいマットカラー、そしてモノトーン塗り分けのフェラーリF12tdfが目撃に

投稿日:2017/02/08 更新日:

イタリアで目撃されたというフェラーリF12tdf。
なかなか奇抜なカラーリングですが、かつてのフェラーリのレーシングカー、250GTOなどに採用されていたパターンでもあります。
ただしレーシングカーに採用されていたカラーは「識別性」を重視してコントラストが強くなっていますが、このフェラーリF12tdfではそもそもボディカラーがマット、そしてグレーとブラック(濃いグレー?)という同系色の渋い組み合わせ。

なお、この塗り分け方法はフェラーリの「70周年記念」としてフェラーリが販売するF12にも見られるもので、フェラーリとしては伝統的なパターンと言えそうです。

関連投稿
フェラーリ70週年記念モデル350種類が公開。488GTB/スパイダー、カリフォルニアT/GTC4ルッソ、F12が特別仕様に

フェラーリF12tdfは限定799台のみの生産で、ベースとなるF12に比べると40馬力アップの780馬力、重量も-110キロというスパルタンなモデル。
相当に希少な車ではあるものの、ネット上では様々なカラーのフェラーリF12tdfを見ることができます。
今まではフェラーリ=レッド、という図式が強かったように思いますが、458スペチアーレともども、このF12tdfについては様々なカラー、ストライプにてオーナーさんが楽しんでいるようですね。

VIA:AUTOGESPOT

関連投稿:ニュルブルックリンクにてヒストリックカーっぽいカラーのフェラーリF12tdf。これはイケてるカラーリング

ferrari-f12tdf-c159718092016140131_2

ニュルブルックリンクにて目撃されたフェラーリF12tdf(ツール・ド・フランス)。
伝統的なレッド(ロッソ・コルサ?)にイエローのストライプ、ゴールドのホイールというクラシックフェラーリ、とくにレーシングカーにおけるカラーリングのような雰囲気です。

なおフロントのナンバープレートはステッカー化されバンパー側面に貼り付けられていますが、ステッカーをナンバープレートとして用いるのはよく見られるものの、この「バンパー側面に貼り付け」は比較的珍しいように思います(バンパー上面に貼り付けているのは欧州ではよく見られる)。

ferrari-f12tdf-c159718092016140131_3

ferrari-f12tdf-c159718092016140131_6

関連投稿:これはイケてるフェラーリF12tdf。テーラーメードにて内外装をカスタム

6

フェラーリのパーソナリゼーションプログラム、「テーラーメード」にて内外装をカスタムしたフェラーリF12tdf。
外装はブラック部分を更に強調した仕上がりとなっており、イエローとブラックで統一。

内装はさらに特徴的で、ブラックとイエローにネイビーをプラス。
カーボンパーツはクリアネイビー仕上げとなっており独特の雰囲気がありますね。
エンジンルームにおいてもそれは反復され、各種カバーがブルーにペイントされています。
F12tdfはフロントエンジンなので488GTBのようにリアのガラスを通してエンジンが見えるわけではなく、それを考えると「相当にこだわった」カスタムと言えるでしょう。

9

なお、外装においてはこれだけ「イエローとブラック」にこだわっているのに対してホイールがブラックでないのはちょっと不思議。
ですが、あくまでもこれはぼくの感覚であるので、オーナーさんにはオーナーさんのこだわりそして理由があるのだと思います。

12

1

2

3

4

7

8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5