>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレン×BMW再び。両社が共同で新型エンジンを開発、市販車に搭載すると発表

投稿日:2017/02/08 更新日:

マクラーレンが「BMWと共同にて新型エンジンを開発する」と発表。
これによるとBMWのほかにも開発パートナーがおり、内燃機関でありながらもエミッション低減を実現でき、同時に出力向上も狙えるエンジンだとしています。
なおマツダが「ディーゼルエンジン同様の理論で燃焼させるガソリンエンジン」の実用化を発表していますが、こういった新しい技術を採用するものと推測。

関連投稿
マツダがガソリンエンジンに新技術投入。2018年のデミオに搭載しリッター33キロ

なおこのプロジェクトに関してはイギリス政府もバックアップしているとのことで、ほかに6つの企業もこれに参加(自動車メーカーはマクラーレン、BMWとのみ)。
開発した新型エンジンはマクラーレンの新型モデルに採用するとしていますが、もちろんBMWにもその技術は反映されるものと考えられます。

ここで「マクラーレンとBMW」といって思い浮かぶのは「F1(市販車)」。
これはBMW製V12を搭載しており、このエンジンはもともと「M8」用に開発されたS70/2型ですが、実際にはM8が販売されずそのまま行き場を失っていたもの。
マクラーレンF1に搭載されるようになるまでは紆余曲折があったようですが、結果的にこのエンジンはマクラーレンF1のハイライトのひとつとなり、後世にまで語り継がれる伝説を形成する要因になったと認識しています。

その意味では「マクラーレン+BMW」というのはF1を連想させる組み合わせでもあり、今後実際に市販車に搭載されるのが待ち遠しいプロジェクト、と言えますね。

VIA:Mclaren

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5