>フェラーリ(Ferrari)

25台のみ製造の1950年製フェラーリ166Mが競売に。予想落札価格は最高で12億円

更新日:

アメリア・アイランドにて開催されるオークションに希少なフェラーリが登場予定。
25台のみが1950年に製造された166MMバルケッタで、これはスクーデリア・フェラーリのドライバー、Eugenio Castellotti氏にて所有されていたもの。

シャシーナンバーは0058Mで、1950年6月5日に最初のオーナーであるMarco Dallorso氏に納車されたという詳細な記録付き。
その後、上述のEugenio Castellotti氏に贈られ1951年4月28日のミッレミリアに出場し、クラス6位を記録しています。

その後もミッレミリアへの出場、コンクール・デレガンスへの出品など常に表舞台に立ち続けた由緒ある個体で、V12エンジン、ギアボックス、ボディなど基本部分はフェラーリのクラシックカーをメンテナンスする部門「フェラーリ・クラシケ」でレストア済み。

なおオークションにおいては12億円に達するのではとも言われ、ますが、その希少性や個体の持つ経歴、コンディションを考えると「当然」なのかもしれませんね。

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5