>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデスAMG GTコンセプト発表。これは今年のジュネーブNo.1?

投稿日:2017/03/07 更新日:

メルセデスAMG GTコンセプトがついに発表。
AMG GTの4ドア版となり、ポルシェ・パナメーラの対抗と目されるモデルですが、なんとも美しい車ですね。
なお単に美しいだけの車ではなく、メルセデス・ベンツにとって「技術の見本市」と言える車にもなっています。

メルセデス・ベンツがこれから進めることになるであろうEQブランド、そしてF1マシン(W08)発表時にアナウンスされたEQパワーとのコラボと言える要素も持っており、現行AMG GTの4リッターV8エンジンに加えてエレクトリックモーターを装備して合計での出力は800馬力に到達。

これはポルシェ・パナメーラ・ターボS Eハイブリッドの671馬力を大きく超える数字でもあり、もはやスーパーカーを超えてハイパーカーとも言えるレベル。
実際に0-100キロ加速は3秒以下とされ、とんでもないパフォーマンスを誇りそうですね。

ヘッドライトは「ナノ・アクティブ・ファイバー」という技術が用いられ、その光り方はかなり独特。
AMG GTではテールランプの中に将棋の駒のような発光体をたくさん仕込んでいますが、GTコンセプトのテールランプはそれをさらに進化させたような構造で、動画ではシーケンシャル点灯する様子も確認できます。

メルセデス・ベンツはライティング技術に関してはBMWやアウディには一歩劣っていた時期もありましたが、最近ではそれを挽回し、遅れを取り戻す勢いで先に進んでいるようですね。

もちろんリアビューカメラを装備しますが、その位置は他メーカーとは全く異なるもので、これは非常に優れたデザインだと思います。

Showcar Mercedes-AMG GT Concept ;Showcar Mercedes-AMG GT Concept;

関連投稿:AMGがGTの4ドア版、「GTコンセプト」のティーザー動画を公開。先進装備テンコ盛り

メルセデスAMGがジュネーブにて発表する予定の4ドア版AMG GT、「GTコンセプト」のティーザー画像公開。
フロントグリル(やはりパン・アメリカーナ・グリルっぽい)、サイドビューカメラ、テールランプ(LEDにて3Dシーケンシャル点灯)、ホイール、可変エアロデバイス、テールパイプなどを画像で紹介していますが、いずれも驚くべきデザインと機能を持っているようですね。

全体的には高級感がありながらもアグレッシブさを感じさせるもので、同時に未来っぽさも演出。
このまま発売してくれるといいなあ、とは思いながらもコスト面では制約を受けることになるのかもしれません。
ただし「こういったことができる」とアピールすることが重要だと考えており、その反響がこういった機能やデザインを市販モデルに反映させるべき、という上層部に対する説得材料になるのだと思います。

関連投稿:AMGがGTの四人乗りモデル「GTコンセプト」のティーザー画像を公開

メルセデスAMGが「GT コンセプト」のティーザー画像を公開。
これは「GT4」として発売されるであろうとウワサされたAMG GTの4ドア版ですが、三代目にあたるメルセデス・ベンツCLSのプラットフォームを使用して開発が進められている、と伝えられています。

なおCLSシューティングブレークは廃版となり、その代わりがこの「AMG GTの4人乗り版」だと言われますが、これはさっそくながら、先日発表されたばかりのポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモへの対抗となる模様。

AMG GT系は追加モデルや仕様変更にて「パン・アメリカーナ・グリル」を装着したレトロ路線にスイッチしていますが、今回発表となるGTコンセプトについてはどういった方向性になるのか気になるところですね。

なおメルセデス・ベンツは巨大な会社ではありますが、矢継ぎ早にこういった「ライバルメーカーへの対抗」を開発したり、現在伸びている「SUV」BMWやアウディよりも大量に投入するなど、かなり動きの軽い会社だと思います(だからこそ王者であり続けるのだと思いますが)。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5