>フェラーリ(Ferrari)

シルバーのラ・フェラーリが中古にて登場。お値段4億5000万円なるも「平均的」な価格

投稿日:2017/04/02 更新日:

ヒューストンのフェラーリ・ディーラーにて、シルバー(グリージョ・チタニオ)のラ・フェラーリが中古として登場。
価格は4億5000万円となっていますが、これは最近のラ・フェラーリの相場からすると「常識の範囲内」。
同時期に、ほぼ同価格で発売されたマクラーレンP1、ポルシェ918スパイダーと比較してもその価格の上昇っぷりはずば抜けており、すでにその差は2-3倍。

昔からフェラーリの限定モデルの価格は必ず「プレミア付き」となりますが、最近ではその傾向が更に加速しており、世界でお金持ちが増加しているということも相まって「高いお金を払ってでも手に入れたい」人が多く存在するのでしょうね。

なお、「新車」だとこういった車は手に入れようとしても手に入らず、フェラーリのようなメーカーが「客を選ぶ」ので、よほどの上得意でないと購入する権利が与えられない、ということに。

先日も「ラ・フェラーリ・アペルタを売ってもらえなかった」としてフェラーリを訴えた御仁が登場しましたが(フェラーリの顧客では上位と思われる)、上得意であっても「買えない」状況も出てきています。

そういった事情もあって「新車で買えなかった」人が何としてでも手に入れたいと考える車になってしまうわけですが、今後は更にこの傾向が加速しそうではありますね。

関連投稿
アメリカのコレクターがラ・フェラーリの購入件権を得られなかったことに腹を立てて訴訟を起こした件
珍しいルビーレッドのラ・フェラーリが中古市場に。内装は上品なライトブラウン
500台目のラ・フェラーリが8億円で落札。「21世紀に製造された最も高価な車」に
ついに10億を超え12億円。ロッソのラ・フェラーリが販売中
ラ・フェラーリが落札金額4億8000万円を記録。予想を超えて最高記録を更新

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5