■服や小物、時計、雑貨など

ルイ・ヴィトングループの販売好調。株価は上場来高値を記録←買っとく?

投稿日:2017/04/27 更新日:

ルイ・ヴィトン要するLVMHグループの売上が好調。
2017年第1四半期の業績が公表されましたが、売上高は昨年同期比の+15%となる99億ユーロとなり、四半期ベースでは過去5年で最高となっています。
好調だったのはアジア、ヨーロッパ、アメリカ市場、とのこと。

事業別に見ると好調なのは「ファッション&レザーグッズ」で、ブランド別だと「ルイ・ヴィトン」「フェンディ」が大きく、他だとセリーヌ、ケンゾー、ロエベ、ベルルッティ、マーク・ジェイコブスも堅調。

「パフューム&コスメティックス」も12%の伸びを記録し、「ゲラン」の新製品「モン ゲラン」が成長の立役者。
「ウオッチ&ジュエリー」は11%成長となり、ブルガリとタグ・ホイヤーが伸びたようですね。

なお高級ブランド市場だとグッチを中心としたケリンググループの業績も好調とされ、全体的に需要が回復している、とされています。
そのためLVMHグループの株価は上場来高値を記録しており、今後も長期的には成長路線にあると想定した場合、瞬発的なテロなどで株価が下がった一瞬を狙って株を買い、しばらく持っておくのも(資産として)良さそうですね。

関連投稿
職人中心会社、エルメスの売上好調。日本では20%と世界平均よりも高い伸び

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5